注目キーワード

僕のヒーローアカデミア One’s Justice(Switch)感想・レビュー

PS4

ゲームソフト概要

手軽にヒロアカの戦闘が楽しめる

Switchソフト、僕のヒーローアカデミアOne’s Justiceのプレイ感想を書きたいと思います

PS4版もありますが、未購入のためSwitch版のみの感想となります

ハード Switch/PS4
ジャンル FTG/対戦
メーカー バンダイナムコ
レア度
オススメ度
お気に入り度

評価点数:27/50

ゲーム内容 5/10
ストーリー内容 5/10
操作の快適さ 5/10
映像の良さ 6/10
音楽の良さ 6/10
総合 27/50


加点ポイント(操+1/サ+1/グ+1)

・難しいコマンド入力がない(操作性+1)

・とにかくキャラがしゃべりまくる(サウンド+1)

・アニメのキャラがそのまま3D再現されている(グラフィック+1)

減点ポイント(操-1)

・頻繁にロードが入り、ロードも長め(操作性-1)

こんな人にオススメ

・僕のヒーローアカデミアファンの人

・格闘ゲーム初心者の人

僕のヒーローアカデミアOne’s Justice

感想

ゲーム性:5/10

3D型格闘ゲームです

格闘ゲームとしてはコマンド入力が簡単な部類でアニメでの戦いが満喫できる内容です

プレイアブルキャラクタは20人と第1作目として考えるとそれなりの人数ではあるものの、ストーリーで扱っている範囲の割には欲しいキャラがいない感じはあります

しかし、モーションや技などの演出はよく原作の雰囲気が再現されており、各キャラクターを自分が操ってアニメを見ていると言う感覚になれるゲームです

演出の派手さも有り爽快感自体は非常に高いです

対人戦は未プレイのためバランスなどは言及できませんがストーリーモードや練習モード、ミッションモードなどもあり、そこに対人戦要素が加わるため遊べる幅は広いです

ストーリー性:5/10

原作で言う職場体験~オールマイトVSオールフォーワンあたりまでのストーリーが収録されています

フルボイスでストーリーが展開しますが、1枚絵風でダイジェストという感じで進むため、原作を読んでない人は理解が難しそうな感じではあります

原作ファンとしてもそこまでで活躍したキャラ全員が登場しているわけではないためやや満足しにくい内容かもしれません

なお、条件を満たすと体育祭編の一部もストーリーモードに追加されますが、ダイジェストっぷりが本編以上です

操作性:5/10

戦闘中の技の入力は比較的簡単です

ただしコンボを繋げるということになると格闘ゲームらしく細かい操作は必要になります

どちらかというと、ゲーム中より頻繁に入るロードとロードの長さの方が気になる人は多いかもしれません

個人的には許容範囲内ですがロード頻度自体は多いです

ロード時間もやや長めかもしれません

サウンド:6/10

とにかくしゃべりまくります

組み合わせや相手の繰り出してきた技によってもセリフが変わったりとこだわりも感じます

グラフィック:6/10

アニメのキャラが3Dでよく再現されています

カメラワークが気になるシーンもありますが、演出も派手でアニメや原作の雰囲気は再現されています

僕のヒーローアカデミアOne’s Justice

総合感想:オススメ度3

でき自体は悪くないもののかゆいところに手が届いてない感があります

プレイアブルキャラクターもストーリーの範囲内なら他にでてほしいキャラがいたりもするため(個人的には峰田とか)惜しい作品です

ストーリーのダイジェスト感もあり、原作を知らない人にはかなり厳しい内容にもなってしまっています

総じて、原作ファン向け作品ではありますが、ファン故に突っ込みたくなるような個所も多いかと思います

ただ、ゲームとしてはロード周りに目をつぶれば原作再現度は高めでゲームとしても楽しみやすい内容だと思います

良い点まとめ

よくしゃべり、アニメのキャラを操作している気分になれる作品です

技自体もコマンド入力が楽なため派手な戦いを手軽に楽しみやすいです

悪い点まとめ

ロードの長さと頻度は人によってはかなり気になるかもしれません

ロードの待ち時間や回数が気にならない人は悪い点らしい悪い点は原作愛から出る部分に集約されるかもしれません

通販はこちらから

by カエレバ

 

最新情報をチェックしよう!