ゲームソフト概要

超絶やり込みゲー第2弾!間違って召喚しちゃった魔王の娘と大冒険

PSPソフトの魔界戦記ディスガイア2の感想を書きたいと思います

本作はもともとPS2で発売されていましたが、ここではPSP版を取り扱っております

前作ディスガイアのレビューはこちらから

続編のディスガイア3のレビューはこちらから

続続編のディスガイア4のレビューはこちらから

ハード PSP/PS2
ジャンル SLG/RPG
メーカー 日本一ソフトウェア
DL版の有無 ○(PSVita)
レア度 ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★★☆☆
お気に入り度 ★★★☆☆

ジャンル詳細

分類 タイプ エンカウント 戦闘方式 成長方式
3D シミュレーションRPG ステージ配置 ターン制コマンドバトル レベルアップ

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
5 6 5 6 6 28

加点ポイント

・前作同様高いやり込み度と新システム(ゲーム性+1)

・純愛ラブストーリーをメインにとらえつつ程よいギャグとシリアスなストーリー(ストーリー性+1)

・相変わらずボーカル曲多し(サウンド+1)

・ガシガシ動くドット絵(グラフィック+1)

減点ポイント

・やりやすさは増しているものの相変わらずの作業感のあるやり込み要素(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・やりこみゲームが好きな人

・数字がどんどん大きくなっていくのを眺めるのが好きな人

・バカップルを見るのが好きな人

・ディスガイアファンの人

感想

ゲーム性

超絶やり込みゲー第2弾です

基本的には前作同様、ステージセレクト型のシミュレーションRPGでジオパネルやタワーシステムを採用したゲームですが今作はさらに新システムがあります

PSP版では魔チェンジが加わっているそうです(PS2版ではなかったとか?)

これにより、前作育てるメリットを感じにくかった魔物キャラを育てる楽しさが増えやり込み感が上がっています

また、前科システムがあり、各キャラクター前科をためることにより育成に有利になるというやり込みしやすくなる要素があります

相変わらず、ラスボスはスライム的なポジションであり、その後の敵の方が強くなっております

前作同様のレベル上げ作業などは健在の為、徐々に数字が上がっていくのを見るのが好きな方にはたまらない仕様ですが、作業と感じてしまう方には相変わらず厳しい内容となっております

 

ストーリー性

今作は主人公とヒロインの恋愛がテーマなのかそういう展開が多いです

前作よりは王道のパターンを走っていつつもギャグとシリアスを上手に織り交ぜてくる感じになっています

前作登場キャラの一部も今作でも続投していたり、ラスボス対峙後の本編(?)で使えるようになるなどシリーズファンにはたまらない仕様になっております

今作もマルチエンドですが、中にはなかなかの内容のものがあるなどあるのでエンディングのバリーションもなかなかです

 

総合感想

前作の正統進化であり、よりやり込みしやすく改良された続編という位置づけでしょうか

前作続投キャラはいますが、前作の内容を全く知らなくても全然問題なくストーリーには入っていくことができます

相変わらず、レベル上げ時間に膨大な時間を割かれるゲームではありますが、本編クリアだけであれば地獄のようなレベル上げ作業は必要ないです(それでもレベル100~200くらいで2~3回くらいの転生は要しますが)

※レベルは9999まで上げれます

前科システムは使いこなすと育成が楽になる要素ですが、使いこなせないとあまり意味がないうえに分かりにくかったりもするので注意です

前作同様、ストーリーだけを見るつもりで普通のゲームとして割り切るか、数字が上がるのを眺めるのが好きな方でないと辛い作品ではありますが、合う方はかなり楽しめる作品です

 

通販はこちらから

PSP版Amazon価格を見る PSP版楽天価格を見る
PS2版Amazon価格を見る PS2版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事