魔界戦記ディスガイア4Return(PSVita)感想・レビュー

ゲームソフト概要

超絶やり込みゲー第4弾は魔界革命ついでの恋愛ストーリー?

PSVitaソフトの魔界戦記ディスガイア4Returnの感想を書きたいと思います。

今作も3同様、PS3で出ていた作品の追加DLC込みのバージョンになります。

前作同様、PSVita版のみの感想になりますのでご了承ください。

また、Switch/PS4でもランキング屋という新システムを搭載して発売しました!

PSP版の初代ディスガイアのレビューはこちらから

PSP版のディスガイア2のレビューはこちらから

PSVita版ディスガイア3のレビューはこちらから

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PSVita/PS3/Switch/PS4
ジャンル SLG/RPG
メーカー 日本一ソフトウェア
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ エンカウント 戦闘方式 成長方式
3D SLGRPG ステージ配置 ターン制コマンドバトル レベルアップ

評価点数:29/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
6 6 5 6 6 29

加点ポイント(ゲ+2/ス+1/サ+1/グ+1)

・魔物キャラの活躍ポイントが増え、やり込みの自由度と便利さがさらに向上(ゲーム性+2)

・今までの長所を残したままシリアスが増えついていきやすくなったストーリー(ストーリー性+1)

・ボーカル曲が相変わらず多い(サウンド+1)

・アニメ調のグラフィックになるも違和感なく導入されている(グラフィック+1)

減点ポイント(ゲ-1)

・対策は色々されているものの、あともう一つ何か欲しい育成要素(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・やりこみゲームが好きな人

・数字がどんどん大きくなっていくのを眺めるのが好きな人

・ディスガイアファンの人

・恋愛ストーリーが好きな人

・イワシ萌えの人

感想

ゲーム性:6/10

オーソドックスなシミュレーションでありながら超絶やり込みゲーシリーズ第4弾作品になります。

今作もいろいろな面でさらなるやり込み要素やシステムが追加されていますが、今作の追加点は主に魔物系の追加が特徴的でしょうか。

今まで魔チェンジというシステムはありましたが、今回は魔物の戦闘中の合体とそこからの魔チェンジが新たに加わっています。

巨大化も巨大化からの魔チェンジも魔物特有のコマンドになるため、今作では今まで以上に魔物キャラの使える幅が広がっています。

 

また、前作までのキャラ関連のシステムは今作で名前こそ変わっているものの大半が続投しており、今までのシリーズプレイヤーも安心してできるようになっています。

 

他にもイノセント倉庫や武器の見た目を変更するシステム、過去に見たことがあるイベントの鑑賞ができるようになっているなど、今まで微妙にあってほしくてなかったものが追加されおりプレイし安くなるように配慮されています。

 

ストーリー性:6/10

主に魔界政府に対して戦いを挑むというスタンスで話が進んでいきますが、その間に主人公の過去などが語られていき良い感じでストーリーが展開していきます。

今までのシリーズ同様、ギャグとシリアスは織り交じっていますが、今作は比較的ハチャメチャっぷりは抑えられており、ストーリーにおいていかれる感は少なかったように感じます。

 

今までのシリーズはギャグがあわなかったりすると辛かったのですが、本作はギャグがあわなくても問題ないと思うレベルのストーリー性だと思います。

操作性:5/10

シミュレーションRPGとしては問題ない操作感で快適にプレイ可能です。

サウンド:6/10

ボーカル曲も多く、ボイス収録も非常に豊富です!

BGMも場面場面でしっかり使い分けされていてサウンド面は文句なしの作品です!

グラフィック:6/10

今までのシリーズは完全ドット絵だったのですが、今作からはアニメキャラ風のグラフィックになっています。

ドット絵が好きな方には少し残念かもしれませんが、Vitaの性能的には問題なく、きれいに見えます。

 

PV

総合感想:オススメ度3

全体的に遊びやすくなっており、プレイヤーへの配慮もよく見られています

ただ、どこまで行ってもこのシリーズ、究極的にはレベル上げからは逃げれないという罠がありますが、今までのシリーズファンであれば間違いなく快適にプレイできる環境になっていると思います

また、今からシリーズをと考えてる方にもオススメしやすい作品になっています

ただし、バグ報告自体は多いので注意が必要ではありますが

僕自身も数回フリーズバグは食らってたりします

シリーズの中でも特に楽しめた作品ですね

良い点まとめ

数字がガシガシ伸びていく様は中々爽快です

また、ラスボスを倒してからがスタートラインと言われるレベルで敵自体は強いのでやり込みがいもあります

グラフィックとサウンドのレベルも高いです!

悪い点まとめ

最大の長所であるやり込み要素が単純作業の繰り返しになりがちなため、人によってはあわない可能性があります

通販はこちらから

PSVita版Amazon価格を見る PSVita版楽天価格を見る
PS3版Amazon価格を見る PS3版楽天価格を見る
PS4版Amazon価格を見る PS4版楽天価格を見る
Switch版Amazon価格を見る Switch版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事