BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣(PS4)感想・レビュー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣_20170901090816

ゲームソフト概要

女子校で魔法少女になれちゃう色々惜しい男性ユーザー向けRPG

PS4ソフト、BLUE REFLECTION(ブルーリフレクション)のプレイ感想を書きたい思います

PSVita版は未プレイです

ハード PS4/PSVita
ジャンル RPG/美少女
メーカー ガスト
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ エンカウント 戦闘方式 成長方式
3D ダンジョン攻略型 シンボルエンカウント コマンドバトル レベルアップ

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
4 6 5 6 5 26

加点ポイント

・サウンド、ボイスともにレベルが高い(サウンド+2)

・物語終盤の展開は青春的にもバトル物としても熱い(ストーリー性+1)

減点ポイント

・雑魚戦をやる意義が薄いシステム(ゲーム性-1)

・フルボイスじゃないのがもったいない(サウンド-1)

こんな人にオススメ

・魔法少女モノが好きな男性の方

 

感想

ゲーム性

RPGとはジャンル分けされていますが、育成要素が非常に低いタイプの作品です

冒険要素はなく、敵を倒してレベルを上げるということは全くないです

また、戦闘終了後にHPとMPが必ず全快するため雑魚戦をやる魅力がかなり低いという特徴があります

むしろ、戦闘で手に入るものがアイテム素材しかないため戦闘を理由なくやることがすくなくなります

 

基本的にキャラクターの成長はミッションクリア報酬かイベント後になります

ミッションも指定された敵を倒す、敵を倒す、特定のスキルを使う、アイテムを回収する、アイテムを作るのどれかのためバリエーション自体は薄いです

ダンジョンも探索するほど広い物

ではありません

 

装備の概念もあるにはありますが、各スキルにフラグメントというものを付けるというものなのでそこまでガッツリするようなタイプではありません

 

雑魚は基本的に戦闘後に全快するだけあって強めです

ただ、常にMPを全部使いきれる関係上本当にヤバいということはあまりありません

 

ボス戦は本来このゲームが目指してたであろう戦闘の楽しさが楽しめるようになっています

長期戦になることもそうですが、雑魚戦ではあまり気にしなくていい戦闘システムをフルに活用できるため戦略性も高くなります

MP管理や独特の要素であるエーテル管理、サポーターの活用などが非常に楽しい要素になっています

むしろ、雑魚戦でこの辺の要素があまり生かされていないのが残念なくらいです

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

ストーリー性

基本的には女子高生である主人公の日常を中心とした学園魔法少女物という雰囲気です

女子校を舞台に悩みを抱えた学生の精神世界(コモン)に入り悩みを解決しつつ、現実世界で時折現れる巨大な化け物(原種)と戦うという内容です

 

基本的にメインキャラクター3人は現実世界では女子学生として生活していますが、コモンに入っているときと原種が現れた時のみ変身することができるという設定の変身ヒロインです

 

基本的に主人公たちは心のエネルギー(フラグメント)を人と共有することで強くなるため、仲間になってくれるキャラクターとの心のつながりで強くなるという設定です

これが上手く、学園生活とリンクしている印象です

 

メインストーリーは中々見せ場も多く熱いのですが、日常シーンの描写が薄いのが非常に残念なところでしょうか

基本的に主要キャラクターの設定などは結構深みがあったり、プレイヤーに好感を持たせるような配慮はあるものの、今一つ微妙に足りない印象です

全体的にキャラクターたちの掘り下げがもう少しされているとよりよかったかなーと思います

 

ただ、後半のストーリーは結構青春的にもバトル物的にも王道というか熱い展開です!

 

サウンド・グラフィック

主要イベントではフルボイスですが、基本はパートボイスです

キャラクターのやり取りが各所で多いため主要イベント以外で話してくれないのは残念です

 

BGMは結構いい感じの曲が多く良い感じです

ゲームの雰囲気とも合っていますし、戦闘BGMはどれもハイレベルな上に種類も豊富です

中盤までと後半で戦闘BGMとリザルトBGMが変わるのも見逃せないポイントでしょうか!

切り替えタイミングはおそらく、主要キャラの武器が変わったタイミングです

 

グラフィックも結構気合が入っており、キャラは可愛いです

また、主人公の子にいたってはお風呂シーンなども良くあります

後半のシーンでは登場キャラの下着シーンも結構増えるという・・・!?

また、イベントシーンなどでカメラワークが不自然にローアングルなことも多いです

さらに、雨などで服が濡れると透けます

BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

PV

 

総合感想

全体的にあと一歩という印象が強い作品です

女子高生の学生生活物としても若干作り込みの甘さを感じやすかったり、RPGとしてみてもシステムとシステムがかみ合っていない感があったりと惜しいです

それぞれに長所もあるのですが、長所同士がかみ合わず、短所同士がかみ合ってしまっている印象です

 

ストーリー物としてみてもRPG部分で展開が遅くなりがちで、序盤はやや流れとしてはパターン化してしまうので辛いです

ただし、サポートキャラクターがそろい始めるとストーリーが大きく展開し、バトル物として面白くなっていきます

 

手拍子でオススメという作品ではないですが、光っている部分はものすごく光っているため、興味を持ってやってみた方はぜひ最後までやってほしいタイプのゲームです

おそらく、エンディングを見たか見てないかで印象が変わるゲームです

良い点まとめ

グラフィックや音楽のレベルの高さと後半ストーリーの展開の熱さは必見です!

 

悪い点まとめ

全体的に単調でストーリーに集中しにくいです

システム周りも良いところも多いですが、悪いところの方が目立ちやすく単調さに磨きがかかってしまっているのが非常に惜しいです

 

総合感想(裏)

ネタバレを含みます

全般は個人的には似たような展開で厳しい印象を受けていました

また、登場人物も個性的なキャラが多いため余計にそう思ってしまったかもしれません

しかし、10章(ユズとライムの秘密がわかったあたりから)あたりから非常に引き込まれました!

元々、序盤で突っ込まれていたり各所でにおわせる描写自体はありましたが、はっきりと出てきてそこからの展開がすごかったです

 

ただ、他のキャラにもれず、二人とひなこの接点の描写や二人の秘密にかかわる部分はもう少し突っ込んでほしいとものすごく感じました

個人的には見どころはサポーター12人がそろってからだと思っています!

 

そこまでは耐えてほしい!

通販はこちらから

PS4版Amazon価格を見る PS4版楽天価格を見る
PSVita版Amazon価格を見る PSVita版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事