GOD OF WARⅡ(ゴッドオブウォー2)-終焉への序曲-(PS2)感想・レビュー

ゲームソフト概要

戦いの神になった強すぎる男の悲劇・・・終焉の始まりの物語

PS2ソフトのゴッドオブウォー2終焉への序曲の感想を書きたいと思います

ゴッドオブウォーのレビューはこちらから

ゴッドオブウォー3のレビューこちらから

また、1と2がセットになったコレクションがPS3とPSVitaで販売もしていたりします

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PS2/PS3/PSVita
ジャンル ACT
メーカー ソニー(当時はカプコン)
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D ステージクリア型風 固定 なし ライフ型

評価点数:27/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
6 3 6 6 6 27

加点ポイント(ゲ+1/操+1/サ+1/グ+1)

・駆け引きの熱い戦闘(ゲーム性+1)

・簡単な操作でいろいろな技や武器の切り替えが可能(操作性+1)

・BGMがかっこいい(サウンド+1)

・かなり綺麗なグラフィック(グラフィック+1)

減点ポイント(ス-2)

・ラストが次回作へ続くシーンで終わるため単独完結しない(ストーリー性-2)

こんな人にオススメ

・シリーズファンの人

・3までプレイするつもり満々の人

・アクションゲームが好きな人

・雑魚戦でも手ごたえのある戦闘がしたい人

・緊張感のあるボス戦をしたい人

・残酷描写に抵抗がない人(必須)

感想

ゲーム性

前作に引き続き、ハゲマッチョことクレイトスさんが大暴れするアクションゲームの第2作品目の作品です

前作同様、ボタンの押す順番で攻撃技が変わったり、雑魚的との駆け引きなどがそのまま引き継がれています

また、前作からも登場していた雑魚的に対するとどめ技のモーションなどは一新されており、前作散々とどめ技で敵をいたぶっていた方も新鮮な気持ちで戦うことができます

魔法については、最序盤のみ、前作で使えた魔法が使えますが、途中で入れ替わり、最終的には前作とは違う魔法が使えるようになります

また、クレイトスさんはストーリー上で新しい武器をいくつか手に入れ、それらを切り替えて戦うこともできます

 

前作ではボス戦が少なかったのですが、今作ではそこそこ増えており前作ではそこまで楽しめなかったボス戦を楽しめるようになっています

ただ、チュートリアルステージのボスがやはり一番派手であることに変わりはないかもしれません・・・

 

ストーリー

基本的には前作の続きから話は始まります

なので、前作を知っていた方がいいのですが、今作に限り、一応前作を知らなくてもできるような配慮がされていますので、2から入っても多少はついていくことが可能です

今作も前作同様、ストーリーに引き込まれるような要素が多いため時間を忘れてプレイできますね

ただ、今作は最終的に3へ続く的な終わり方をするため、完全に終わり方が不完全燃焼になってしまっています

物語は何も完結しないので、そういう意味では3とセットでっていう作品なので、そういうのが嫌な方はお気を付けください

 

総合感想:オススメ度3

相変わらず、アクションは派手で爽快です

ただ、前作以上にえげつないとどめの刺し方が増えているので、前作以上にグロ耐性が必要になります

 

即死ポイントはかなり減っていますが、相変わらずあります

直前に復帰ポイントが必ずあるので、そこまでやり直しになりませんが、ラスボス戦にすらあるので、苦痛に感じる人もいるかもしれませんね

 

ストーリーも全体を通してよくできているのですが、終わり方が完全に「本当の戦いはここからだ」的な終わり方なので、気を付けてください

本当の意味で終わるのは3です

 

それでも、グロ耐性があって、前作も好きな方で、3を買う気満々であれば本作はオススメです

 

良い点まとめ

雑魚戦でも楽しめる戦闘システムは依然として健在です

また、ボスバトルも増えており、前作の数少ない不満点も解消されています

ほとんどの敵のとどめ演出も変わっており新鮮な気持ちでプレイできます

 

悪い点まとめ

グロ耐性は前作以上に必要になります

苦手な人は要注意なポイントでしょうか(個人的にはこのゲームのグロは好きです)

最大の難点はストーリが完結しないことでしょうか

完全に3につなげるための終わり方をしているため、3を買う覚悟が必要です

また、ラストバトルには1ミスで死亡する攻撃を敵がしてくる点も要注意です

 

総合感想(裏)

ネタバレを含みます

前作ラストからの続きになります

そのため、最初のステージはクレイトスが非常に強いです

前作の技をすべて使えるのですが、ボス戦の間に全て奪われる的な感じでしょうか

で、ゼウスが現れ、悪行を働いていたクレイトスさんを倒しちゃうという展開です

その後、復讐にもえたクレイトスがよみがえり・・・というストーリーの流れです

一応ゼウスとの闘いがラストバトルではありますが、とどめを刺せず、3に続くという展開です

展開そのものは熱いのですが、やはり、途中で終わってしまうのが辛い!

3で完結しますが、本作だけだと終わらないのでそれなりの覚悟は必要だと思います

 

通販はこちらから

PS2版Amazon価格を見る PS2版楽天価格を見る
PS3版Amazon価格を見る PS3版Amazon価格を見る
PSVita版Amazon価格を見る PSVita版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事