勇者30シリーズ紹介

勇者30シリーズとは

RPGではあるのですが、30秒以内にボスを倒すというとんでもないルールがある作品です。

とはいうものの、お金を払うことで時間を巻き戻せたり、戦闘そのものは敵と接触すると自動で戦ってくれるため、いかに計画を立てて攻略を目指すかということに特化された作品です。

また、各ステージ30秒で頑張ればクリアできるようなバランスになっていたり、30秒の中にきちんとそれぞれストーリーの流れなどがあったりと非常に絶妙な作品です。

1に関してはRPGのほかにアクションやシューティングなどもあり、幅広くプレイできますし、2に関しては、RPGを深く掘り下げている作りになっています。

ストーリー的には1から2までのメインストーリー部分がすべてつながっており、非常に壮大なゲームとなっています。

ゲーム内でも数百年単位の物語になっており、見ごたえも抜群です!

ゲームとしても楽しめる上にストーリーも楽しめるので非常にオススメできるシリーズです。

システム

1に限り、RPG、SLG、ACT、STGと複数ジャンル兼ねていますが、基本は30秒でボスを倒したり、ステージごとの目的を達成するのを目指すゲームです。

実際には、町の中では時間が止まったり、時間を巻き戻すことが可能なのでもう少し長くなります。

ただし、無制限で巻き戻せるわけではないので、計画的に使わないとクリアできないなど、短期決戦にはなりがちです!

逆に言うと短い時間で遊べるゲームでもあります。

 

勇者30

勇者30、魔王30、王女30、騎士30のモードとラストバトルである勇者300がメインモードとなっている作品です。

それぞれのストーリーが独立していると見せつつ、勇者300ですべてのストーリーがつながるという演出がよく、魅せられる内容になっています。

勇者30と勇者300が非常に完成度が高く、ステージによるストーリーもしっかりしている印象である反面、他のモードはやや無理矢理感はあります。

しかし、息抜きとしては十分すぎるできであり、また、それぞれの味もあるので楽しめるには十分な内容になっています。

この作品で止まっても完結するようにはできています!

詳細レビュー:勇者30(PSP)感想・レビュー

勇者30Second

勇者30の正統続編で完全にストーリーがつながっています。

単独でも分からないこともないとは思いますが、圧倒的に前作をプレイしてからプレイしたほうが楽しめる作品です。

システム的には前作の勇者30の部分をより強化し、ストーリー重視にした形の作品になります。

一部、前作の内容でなぜか触れていない部分もあるのですが、それを気にしても完全に燃える展開になっており、ストーリーを見るついでに30秒RPGをやる感覚でもいいくらいの勢い化と思います。

ストーリーがツボにはまる方は、どんどん先が気になって進めていってしまう可能性もあります。

詳細レビュー:勇者30Second(PSP)(PC)感想・レビュー

 

まとめ

できればシリーズまとめてやってほしい作品です!

オリジナルはPSPですが、STEAMでも販売しています!

良くも悪くもスチーム版は1と2がセットになっていますので、両方できるかと思います!

システム的にも非常に触りやすい作品で、ストーリーもシリーズを通してみても、それぞれを見ても良いと思います!

単調チックなシステムではあるため、若干中だるみはしやすいのが気にはなりますが、誰でも楽しみやすい内容かと思います!

それぞれの主人公のラストシーンは中々です!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事