モンスターハンター(MH)シリーズ紹介ページ

モンスターハンターシリーズの紹介ページです

現在執筆中の記事です

内容は徐々に増やしていく予定です

モンスターハンターシリーズとは?

初代作はPS2より販売したモンスターハンターでいわゆる狩りゲーというゲームジャンルを確立したシリーズになります

プレイヤーは最初に自分の操作するキャラクターをメイキングし、拠点となる町や村でクエストを受注することによりゲームを進めていきます

クエストにはクリア条件があり、基本的にはクリア条件を満たした時点でクエストが終了し拠点に戻ることになります

クエストの種類は採取クエスト、討伐クエスト、捕獲クエストがあります

採取クエストは指定されたアイテムを集めることでクリアできます

討伐クエストは指定された相手を(大型の場合もあります)指定された個数倒すことによりクリアできます(このシリーズでの一番やることが多くなるクエスト種です)

捕獲クエストは指定されたモンスターを倒さずに弱らせて捕獲することによりクリアできます(倒した場合は強制的に失敗になります)

クエストをクリアしたりモンスターを倒すことにより素材が手に入り、その素材を使い新しい武器を作っていくというゲームです

 

シリーズ

モンスターハンター~2(ドス)(PS2)、3~4G(3DS)、Gと3はWIIで3GはWIIUでも発売中

基本ナンバリングシリーズです

基本的にはシリーズが進むことにできることや武器、モンスターの種類が増えていくことが多いです

ただし、3と3Gについては唯一水中戦が実装されています

また、4Gではモンスターに極限状態という状態が追加されています

 

モンスターハンターポータブル~ポータブルシリーズ(PSP)

PSPで展開していたシリーズです

基本的にはPS2で展開していたシリーズを携帯ゲーム機用に調整して販売されておりPSP本体のキラータイトルになったシリーズです

現在のモンスターハンターシリーズが携帯ゲーム機中心で販売しているのはこのシリーズで携帯ゲーム機とモンハンシリーズの相性が良いことが分かったからかとおもいます

 

モンスターハンタークロス・ダブルクロス(3DS)

3DSで販売した現状の最新作です

新しくスタイルと狩技というシステムが導入された作品で、新旧様々なモンスターやマップが登場します

携帯ゲーム機系モンハンの集大成の位置づけかと思われます

 

モンスターハンターフロンティアシリーズ(PC・PSVita・PS3・XBOX360)

オンライン専用のモンハンシリーズです

当サイトでの扱い外作品なので、詳細は省きますが基本シリーズをオンラインに特化させたシリーズになります

 

システムと武器紹介

走るとスタミナを消費するがたのアクションゲームです

また、納刀状態と呼ばれる武器を持っていない状態と抜刀状態とよばれる武器を持っている状態があり、基本的に納刀状態でなければアイテムを使ったり走ったりすることができません

使用する武器により抜刀状態での移動速度も異なり武器に応じた立ち回りが必要になります

また、武器ごとに独自の戦闘システムを持っていることも多く、武器を変えると戦い方をがらりと変える必要があることも特徴となっています

スタミナ

納刀時の走りや回避動作、武器種によっては特殊攻撃動作などで消費するゲージです

使っている武器種によって管理の難易度が変わりますが、高いにこしたことはないゲージです

クエスト時間が経過すると空腹を表現するものとしてスタミナの最大値が減っていきます

食べ物を食べることにより最大値を回復することができ、消費したスタミナはスタミナを使う動作をしないことで回復していきます

武器種によってはスタミナ管理が生命線になる武器もあります

 

切れ味

近接武器には設定されており、攻撃を敵に当てるなどすると落ちていく各武器に設定されているパラメーターです

切れ味は段階が設定されており、段階に応じて敵に攻撃をはじかれるなどが起こる場合もあります

また、段階が落ちるごとに攻撃力も落ちていくため、定期的に砥石というアイテムを使い回復させる必要があります

敵や狙う部位により、どの段階から武器がはじかれるようになるかは異なるため状況次第ではクエスト開始時の切れ味でもはじかれる敵や部位なども存在します

基本的に同じ武器種でも切れ味の最大段階が良い武器ほど扱いやすく、対応できる敵が増えていきます

また、遠距離武器系には存在しません

 

スキル

各種パラメーターや特殊な効果をプレイヤーに与えるものです

各防具にスキルポイントが振られており、そのポイントがスキル発動条件を満たすと発動します

ポイントがマイナスになるとマイナススキルが発動するため注意が必要だったりもします

 

武器の種類

大剣

とてもでかく分厚い剣です

抜刀状態での移動速度が遅く攻撃動作も遅いですが1撃の攻撃力が重い武器です

攻撃モーション自体も分かりやすいものが多く攻撃範囲も広く狙った場所に攻撃しやすい武器です

切れ味を消費してしまいますが、分厚い剣を使ったガードも可能であり、性能もいざ使うとき用と割り切るには十分なガード性能があります

この武器のテクニックはほぼ全武器に流用できるものが多いため、慣れておいて損はしない武器です(徹底したヒットアンドアウェイで最も性能を発揮できる武器です)

 

片手剣

小さい剣と小さい盾を装備した状態の武器です

抜刀状態での移動速度は速く攻撃動作も早い武器で、全武器中唯一抜刀状態でのアイテム使用が可能な武器です

攻撃ボタン連続入力でコンボが発動し、はじかれにくい武器でありガードもできるため扱いやすい武器になります

ただし、武器や攻撃動作による攻撃力は低めで攻撃範囲が短いことから安定したダメージを取るとなると慣れを要求されます

動作は素直なことと抜刀状態のアイテム仕様や移動速度などから初心者の方にお勧めしやすい武器です

 

ハンマー

※筆者はあまり使うのが得意としてない武器です

名前の通り大きなハンマーを装備する武器です

数少ない打撃属性武器であり、攻撃力・手数の両方をバランスよく備えている武器です

抜刀状態での移動速度は早めで攻撃動作の攻撃力も高いですが、攻撃範囲が短いです

また、力をためることによりためた時間に応じた攻撃が可能ですが、力をためている間はスタミナを消費するスタミナ管理が問われる武器でもあります

熟練のハンマー使いは見ていてかっこいいと個人的に思っております

 

ランス

※筆者が最も使うのが苦手な武器です

大きな盾と槍を装備する武器です

移動速度が遅く、ピンポイント攻撃を得意とする敵と正面切って戦うイメージの武器です

ガード性能が高く敵の弱点をピンポイント攻撃することで真価を発揮します

また、突進行動をとることにより敵を追いかけることもできるため、熟練のランサーの方は非常に移動速度の遅さを感じさせない方が多いです
(僕はこれができない)

ただし、納刀にかかる時間が長めであり使いこなすには慣れが必要なタイプの武器だと思います

 

ライトボウガン

 

ヘビィボウガン

 

双剣(モンスターハンターGより登場)

片手剣と同じサイズの剣を両手に装備する武器です

抜刀状態での移動速度が速く、攻撃回数が他の武器に比べて圧倒的に多いのが最大の特徴です

ただし、攻撃範囲は短めでガードもできないため攻撃チャンスを見極める必要があります

また、鬼人化という攻撃力をあげ手数を増やせる状態になることができますが、この間はスタミナを常に消費するためスタミナ管理が難しい武器になります

鬼人化をうまく使うことでものすごい爆発力を見せることができる武器です

 

太刀(モンスターハンター2より登場)

※2~ポータブル3rdまでのソロ用武器です

日本刀のような大きな剣を装備する武器です

抜刀状態での移動速度が速めで攻撃範囲も広い、やや手数寄りの武器になります

真骨頂は攻撃を当てることにより溜まる練気ゲージをためてからであり、練気ゲージが高い状態での手数と火力の両立状態にあります

ただし、ガード不能であり連続で攻撃を当てることができないとやや攻撃力不足感が出てしまう武器でもあります

見た目は超かっこいいです

 

狩猟笛(モンスターハンター2より登場)

※筆者のシリーズ問わずの得意武器です
ソロ時は尻尾が切れないため相手によっては使わないことも・・・

大きなハンマーのような見た目の笛を装備する武器です

最大の特徴は旋律を奏で演奏することにより同じエリアにいる味方全体に旋律効果を発動させることができることです

また、数少ない打撃属性メインの武器であり、攻撃動作による攻撃力はハンマーに見劣りします

移動速度は通常状態であれば早くはないですが、全笛で吹くことができる自己強化の旋律を吹くことで移動速度が全武器中最速になり、2段階重ねがけすることにより武器のはじかれを無効化することが可能です

演奏中は演奏効果が発動するまで行動キャンセルができないうえに、敵から狙われやすくなるため注意が必要ですが演奏を使いこなすことでハンマーとは違った活躍ができる武器です

他の武器とは違った立ち回りをものすごく要求されるため他の武器のテクニックの流用ができず、この武器のテクニックの流用もできないという弱点があります

慣れることにより真価を発揮するタイプの武器です

 

ガンランス(モンスターハンター2より登場)

※筆者の3~4Gでのソロ用武器です

大きな盾と先端を任意に爆発させることができるランスを装備する武器です

ランス同様移動速度が遅く納刀時間も長いため軌道面では辛い装備です

ただし、ガードできることはもちろん、攻撃の手段が多彩です

ピンポイント攻撃の出来る各種突きや肉質無視で固定ダメージを与える各種砲撃などすべてのモーションが使いどころがある武器です

特に必殺の龍撃砲はロマン的にも実用的にもかなりかっこいい上に強いのでぜひ使いこなしたいところですね

 

弓(モンスターハンター2より登場)ほとんど使用したことがない武器です

 

スラッシュアックス(モンスターハンター3及びポータブル3rdより登場)

斧モードと大剣モードのある可変ギミックアリな武器を装備します

斧モードは機動力重視の、大剣モードは攻撃力重視の状態になり状況に応じた戦い方ができます

特に大剣モードでは必殺の属性解放付きなどもあり色々な意味で必殺技感があります

抜刀時の移動速度は斧モードは普通ですが、大剣モードでは遅くなり、ガードも不可な武器です

納刀にも時間がかかる武器なので離脱の際は要注意です

 

チャージアックス(モンスターハンター4より登場)ほとんど使用したことがない武器です

 

操虫棍(モンスターハンター4より登場)

 

オトモアイルー

 

 

サイト内関連リンク

シリーズの記事一覧ページもご覧ください

狩りゲー比較ページ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事