ファイナルファンタジータクティクス-獅子戦争-(PSP)(PS)感想・レビュー

ゲームソフト概要

ストーリーとゲーム性を両立したFFシリーズ初SRPG

PSPとPSソフト、ファイナルファンタジータクティクス-獅子戦争-の感想を書きたいと思います

PSP版とPS版の追加点や双方相違点を書きながらレビューしたいと思います

ファイナルファンタジー関連ページ一覧はこちらから

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PS/PSP
ジャンル SLG/RPG
メーカー スクウェアエニックス
DL版の有無 ○(PSVita)
レア度
オススメ度
お気に入り度

評価点数:31(30)/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド(PSP版) グラフィック 総合(PSP版)
7 7 6 6(5) 5 31(30)

加点ポイント(ゲ+3/ス+2/操+1/サ+1)

・戦略性の高い戦闘システム(ゲーム性+1)

・育成の自由度が高くキャラクターが強くなっていく楽しさがある(ゲーム性+1)

・豊富な寄り道要素(ゲーム性+1)

・重厚でシリアスなストーリー展開と伏線の数々(ストーリー性+2)

・分かりやすい操作とインターフェイス(操作性+1)

・雰囲気に合った曲が多く印象に残る(サウンド+1)

減点ポイント(ゲ-1/サ-1)

・バランスの悪いジョブ&キャラクターの強さ(ゲーム性-1)

・PSP版は効果音がショボい(PSP版のみサウンド-1)

こんな人にオススメ

・重厚なストーリーを見たい人

・いろいろな職業でSLGRPGをしたい人

・寄り道要素も楽しみたい人

感想

ゲーム性

ファイナルファンタジーシリーズ(以降FFと表記)初のシミュレーションシミュレーションRPGです

FFシリーズらしく、ジョブの概念があり、好きなタイミングでジョブチェンジができることが特徴のゲームです

キャラ間やジョブ間での強弱はあまりよろしくないですが(一部強すぎるキャラとジョブが存在するため)全体的に見て難易度のバランスもとれています(一部、多くの人を絶望の淵に落とした詰みステージもございますが)

やりこみ要素も多く、隠しキャラやステージ、隠し召喚獣などがあったり、全ジョブマスターを目指してみるなど多彩な要素があります

イベント戦の敵の強さは常に固定なので、やりこみすぎるとイベント戦の難易度はガンガン下がっていきますが、雑魚敵は自軍に合わせて強くなって行ったりするので賛否両論な要素になっていますね

適正レベル時のイベント戦はステージにもよりますが、難易度が高いステージも多いので戦略要素も楽しめます

 

ジョブやキャラクター間の強さは固有キャラや一部ジョブが群を抜いて突出しているのですが、愛があれば強キャラ以外でも使い続けられます

また、出現するモンスターのほぼすべて(ボスは例外)を仲間にすることができるなど、遊び要素も多いです

しかし、これらの要素を生かしきれない要素として、雇用できるキャラクターの数が少ないという点があげられます

ストーリーが進むにつれ、固有キャラがガシガシ仲間になってくるのですが、固有キャラと凡庸キャラやモンスターなどの雇用枠が固定のため、最終的に固有キャラすべて仲間にしていると凡庸キャラorモンスターの雇用枠がほとんど残っていない状態になります
(PSP版では雇用枠が増え多少緩和しております)

なので、終盤付近まで大切に育てていた凡庸キャラや魔物キャラを泣く泣く手放すなどが起こりえます

しかし、一部詰みステージや雇用枠の問題などを抜かせばかなり楽しめるゲームです

 

ストーリー性

かなり奥深いストーリーでかなり読みごたえがあります

熱い展開や驚きの展開など目が離せない展開が多く、各キャラの思惑などかなり作りこまれたストーリーです

あとから見返すと気が付く点なども多く伏線の回収もしっかりされたり、巧妙に貼られていたりするのでストーリー面でもかなり楽しめます

ただ、内容が内容だけにちゃんと話についていこうと思うとしっかり読み込む必要があるかと思います

 

サウンド面

良曲かなり多いです

雰囲気やステージにあっているものがほとんどで、印象に残る曲も多いです

PS版であれば効果音もかなり派手でサウンド面でも抜かりがない作品ですね

ただし、PSP版では効果音がかなり劣化しており、音ズレや効果音そのものが変わっていてショボくなっているものも見受けられます

結構残念です

 

PSP版追加要素

前途したものもありますが箇条書きで書きます

・キャラクター保有数増加(16人→24人)

・新ジョブ&新キャラ追加(たまねぎ剣士、暗黒剣士追加&ルッソ、バルフレア追加)

・一部イベントにアニメーション追加(ボイスはありません)

・アイテム追加

・共同戦線、コロシアム追加

でしょうか

効果音は若干悪くなっていますが、それ以外の要素はPSP版が勝っているという感じでしょうか

 

総合感想:オススメ度4

全体的に楽しめる作品です

シミュレーションRPGとしての戦略性も適正レベルであれば確保できており、キャラを育てる楽しさやストーリーの楽しさもあり隙のないゲームです

題材が題材なのでストーリー自体は重い内容が多いですが、多くの人が楽しめるゲームではないかと思います

一部、詰みステージがあるので気を付ける必要はありますが、シミュレーションRPGがよほど嫌いでない限りはオススメできる作品です

PSP版、PS版ともにダウンロード版がある点も見逃せないですね(ただし、アーカイブの中ではそれなりのお値段ですが・・・)

サウンドが超気になる人はPS版

追加要素も楽しみたい人はPSP版っていう感じでしょうか

良い点まとめ

とにかくシミュレーションRPGとしての楽しさもシリーズファンへのサービスもレベルが高い作品です

ストーリーも濃厚で見ごたえがあります

曲も雰囲気に合っているものが多くとにかくハイレベルなゲームです

PSP版ではPS版に追加要素が加わり、仲間枠も増えて遊びやすくなっています

悪い点まとめ

ゲーム全体のバランスはやや悪いです

何も知らないと詰まりかねない場所や後半バランスブレイカーキャラが仲間になるなどところどころちぐはぐな感じがあります

また、PSP版独特の弱点として効果音の臨場感が下がっている点もあります

どちらを買うかはお好みという感じかもしれません

通販はこちらから

PS版amazon価格を見る PS版楽天価格を見る
PSP版amazon価格を見る PSP版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事