バットマン アーカム・ビギンズ(PS3)感想・レビュー

ゲームソフト概要

ストーリーはかなり良い!しかし、バグ率高し

PS3ソフト、バットマン アーカム・ビギンズのプレイ感想を書きたいと思います

ハード PS3/XBOX360/WiiU
ジャンル ACT
メーカー ワーナー・エンターテイメント・ジャパン
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D オープンワールド 固定 なし ライフ制

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
4 7 5 5 7 28

加点ポイント

・簡単操作で爽快なバトル(ゲーム性+1)

・シリーズを知っていると楽しめるストーリー(ストーリー性+1)

・ジョーカーとの出会いが描かれる(ストーリー性+1)

・相変わらず気合の入ったグラフィック(グラフィック+2)

減点ポイント

・各種バグ遭遇率が高い(ゲーム性-2)

こんな人にオススメ

・バットマンが好きな人

・アーカムシリーズが好きな人

・バグが気にならない人

 

感想

ゲーム性

オープンワールドタイプのアクションゲームです

シリーズ第3作であり、ストーリー的には過去作品の前の話になっています

基本は攻撃ボタン、回避ボタン、カウンターボタン、スタンボタンを使い分けて戦うゲームです

雑魚敵も攻撃力はそこそこ高く、装備によってある程度戦い方に幅があるゲームです

しかし、強すぎず弱すぎずなのでコツをつかむと集団戦でもかなりかっこよく戦うことがでできます

また、捜査モードがあり、捜査モードでは壁越しに敵の位置を知ることができたり、自分がアクションすることができるポイントが分かりやすくなるようになっています

ボス戦も熱く、一筋縄ではいかない敵が多いです

 

ストーリー性

バットマンが自警団活動をはじめて2年目のクリスマスのお話です

ゲーム開始当初はジョーカーと面識がない状態でスタートします

また、その兼ね合いでハーレー・クィーンも精神科医の状態での登場となります

 

まだ、バットマンが警察と協力関係を築く前のため、敵として警察が出てきます

警察もバットマンを敵と認識しています

 

そのため、ストーリー的にはバットマンとゴートン率いる警察、ヴィランの3勢力の争いが中心となります

いかにしてバットマンがジョーカーと知り合い、バーバラやゴートンとの協力関係を築いていくかが描かれています

 

総合感想

前作品を知っていても知らなくても楽しめますが、知っていた方がより楽しめる作品です

綺麗に第1作目であるアーカムアラサイムにつながる点もファンならうれしい仕様です

アクションゲームとしても相変わらずの完成度で楽しめます

ただ、目新しい要素自体は過去作品から見て増えているわけではありません

ストーリーは相変わらずよくできており、特に後半は引き込まれます

ただ、若干日本語訳の問題らしいですが、キャラクター同士のやり取りがおかしい時がある点が気になります

※人質を助けたバットマンが人質に対して「もう大丈夫だ」というのですが人質は「大丈夫じゃないわ」と答えて会話が終わるなど

 

最大の問題点はバグの発生率が高いことでしょうか

PS3版でのプレイですが、謎の空間にはまり込んで永遠に落ち続けたり、フリーズバグに遭遇したりしてますし、敵が壁の中に入り込んでどうしようもなくなるというバグにはかなり頻繁に遭遇しています

一応、再スタートでどうにかなりますが、気になる人は気になると思います

また、初期バージョンだとバグがより起きやすいらしいのでネット環境がない方やXBOX360版で有料プラン未加入の方は注意してください

それがなければオススメなんですが・・・

良い点まとめ

ゲームとしての楽しさは安定しています

また、ストーリーも過去作品により深みを出す役割をしており、シリーズファンでもストーリーが楽しめます

 

悪い点まとめ

シリーズファンの人は目新しさが少なく感じるかもしれません

また、バグ発生率の高さは無視できない問題でしょうか

通販はこちらから

PS3版Amazon価格を見る PS3版楽天価格を見る
XBOX360版Amazon価格を見る XBOX360版楽天価格を見る
WiiU版Amazon価格を見る WiiU版楽天価格を見る

関連作品リンク

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事