バットマン アーカム・アサイラム(PS4)感想・レビュー
Batman: Return to Arkham - Arkham Asylum_20170911223030

ゲームソフト概要

バットマンになれる3Dアクションゲーム

PS4ソフト、バットマン リターン・トゥー・アーカムに収録されているアーカムアサライムの感想を書きたいと思います

当作品はPS3で販売していたバットマン アーカムアサライムのDLC追加版の内容となっています

PS3では未プレイです

ハード PS4/PS3
ジャンル ACT
メーカー ワーナー・エンターテイメント・ジャパン
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D オープンワールドタイプ 固定 なし ライフ制

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
6 5 5 5 6 27

加点ポイント

・アクションシーンがかっこよくヒーローらしい戦いができる(ゲーム性+1)

・バトル一辺倒ではなく隠密などもある(ゲーム性+1)

減点ポイント

・ジャンプができない(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・バットマンが好きな人

・カッコいいアクションゲームをやりたい人

Batman: Return to Arkham - Arkham Asylum

感想

ゲーム性

バットマンを題材にした3Dアクションゲームです

攻撃ボタン、カウンターボタン、回避ボタンが独立しており、コンボは半オートですが同時押しや状況などなどで技が変わるシステムを使っています

ただ、その分タイミングなどで次の状況が変わったりするため連打を連打厳禁だったり、地味に奥が深いです

敵のダメージも多いため難易度は高めです

 

ただし、各種とどめ演出やモーションそのものは非常にかっこよく効果音も相まって爽快感は抜群です

また、集団戦もかっこよくさばき勝てるものの油断するバランスで緊張感があります

 

さらに、銃を持った敵に包囲され突破する状況で隠密を要求される場面もあります

そこでは敵を一人ずつ戦闘不能にして突破するという緊張感ある隠密戦闘となります

闇に隠れることが要求されつついかに他の敵にばれずに倒していくかという要素が要求されます

 

また、独特の要素として捜査モードというモードがあります

このモードだと、壁などを通して敵を見ることが出来たり、敵の心拍数から感情を見ることができます

さらに、各種隠し通路や何かしらアクションができるポイントを探すことができます

このモードとバットマンの各種便利アイテムを駆使して隠し通路を見つけたり、敵を闇のうちに倒したりなどしていくこともできます

 

後半に行くほどアイテムが増え行ける個所が増えます

 

序盤からかなり行動範囲が広いですが、道具を持っていないために行けない箇所もあります

しかし、後半には行けなくなる場所などもあるため意外と探索は苦戦するかもしれません

やり込み要素の一つとして機能しており、隅々までアーカム内を探索する必要があります

Batman: Return to Arkham Asylum

ストーリー性

基本的には原作を知らなくても楽しめる内容です

登場人物の設定などもゲーム内で見れるため原作を知らない人のフォローになっています

 

序盤から怒涛の展開でヒーローものが好きな人も楽しめる内容です

終始悪役がきっちり悪役をやっています

 

総合感想

ヒーローものとして楽しい作品です

やや初見殺しや高めの難易度のためアクションゲーム慣れしている人向け作品です

操作そのものは難しくなく、やられたときにヒントも出るため心が折れなければゲーム慣れをしていない人でも十分楽しめるようにはなっています

基本的には雑魚も攻撃力は高いため緊張感は常にあります

その分一掃した時の爽快感も高い作品です

 

なお、吹き替えではなく字幕です

良い点まとめ

かなりヒーロー気分が味わえる作品です

悪役も悪役しています

派手なバトルと隠密戦闘とメリハリも聞いており飽き難い作りになっています

 

悪い点まとめ

初見殺しが多いため、辛い人には辛い難易度設定です

 

通販はこちらから

PS4版Amazon価格を見る PS4版楽天価格を見る
PS3版Amazon価格を見る PS3版楽天価格を見る

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事