注目キーワード

アクトレイザー(SFC)感想・レビュー

SFC

ゲームソフト概要

神様の気分がものすごく味わえる、SFC初期のアクション大作

SFCソフトのアクトレイザーの感想を書きたいと思います

[common_content id=”9361″]
ハード SFC
ジャンル ACT
メーカー スクウェアエニックス
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
2D ステージ攻略型 固定 あり ライフ性

評価点数:30/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
6 7 5 7 5 30

加点ポイント(ゲ+2/ス+2/サ+2)

・アクションゲームとして堅実であり、シミュレーション要素も掛け合わせている作品(ゲーム性+2)

・イベントが豊富であり、人とは何なのかを大真面目に考えるかもしれないストーリー(ストーリー+2)

・最初のアクションステージから隙の無い曲の作り込み(サウンド+2)

減点ポイント(ゲ-1)

・やや単調なシミュレーション要素と独特なアクションの操作性(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・面白いアクションゲームをお探しの方

・神様になり切りたい方

・息抜きにストーリーを楽しみたい方

感想

ゲーム性

基本的にはステージ攻略型のアクションゲームに分類されます

ただし、本作の最大の特徴は各アクションゲーム要素の合間に入る簡易シミュレーションモードとストーリーにあると思います

アクション面に関しては剣と魔法(途中から)を使い魔物と戦う横スクロール型で、敵と接触するとダメージを受けるタイプです

ジャンプが少し慣れないとうまく操作しにくいくらいで、基本的にはわかりやすいタイプのアクションゲームになります

ボス戦も一部、戦いにくいタイプのボスがいますが、基本的にはパターンをつかむことで戦いやすくなるボスが多いです

 

シミュレーションモードに関しては、各地域を解放する(初めてその地域に訪れた時に行うアクションパートをクリア)ことにより人々をその地域に住まわせて増やしていくことができます

また、人口が増えることでレベルが上がり、新しい地域に行けるようになったりします

さらに、各地域でイベントが発生してそのイベント内容に応じてアクション面で有利になる要素が多くあります

基本的にシミュレーションゲームとしてのゲーム要素はあまりないのですが、ストーリーがほぼここに集約されており、各地域でいろいろなことが起こり、神様から見ると人間ってこう見えるのかな?っとちょっと思えるような内容になっており非常によくできております

戦争や疫病や天災や宗教観念など様々な人間ドラマが展開されおり、見ごたえが抜群です

アクション面に比べるとシミュレーション面はオマケに近く、がっつりと人口増やしてやるぜー的な感じでやると肩すかしをものすごく食らってしまいますが、アクションの息抜きとして見るとよくできています

サウンド

かなりの名曲ぞろいで、何度も聞きたくなる曲が非常に多いです

特に一番最初の地域のアクションパートの曲は個人的に神がかっていると思っています

雰囲気にあっている曲も非常に多く、一度は聞いてほしい曲ばかりです

噂によるとFF4のサウンド開発に影響を与えたとか与えないとか?

 

総合感想:オススメ度4

アクションとして歯ごたえのある難易度のゲームができ、ストーリー重視のオマケシミュレーションモードでアクション面を有利にしていくというスタイルで楽しめます

シミュレーション要素に過度に期待すると裏切られてしまいますが、ストーリーを追う形で見る分には非常によくできており、ストーリーを見せるためのモードと僕は思っています

曲も燃える曲や不思議な曲、きれいな曲と様々で聞きごたえ十分です

良い点まとめ

アクション部分の難易度とクリエイトモードの息抜き感、更に妙に人間味あふれる人間たちの生活など見どころが多い作品です
印象に残るようなBGMも多く、何回もやりたくなってしまう魅力があります

悪い点まとめ

ジャンプ挙動には癖があるため慣れるまでは大変かもしれません

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る

関連作品

ソウルブレイダーレビュー

最新情報をチェックしよう!