ゲームソフト概要

ルールが増えバランスがさらに調整されたカードヒーロー!

DSソフト、カードヒーローの感想を書きたいと思います

ハード DS
ジャンル ETC
メーカー 任天堂
レア度 ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★★☆☆
お気に入り度 ★★★☆☆

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
6 5 4 5 5 25

加点ポイント

・徐々にルールが解放されていきルールを理解しやすい(ゲーム性+1)

・奥深い戦略性(ゲーム性+1)

減点ポイント

・ストーリーモードだけではポイントが中々たまらない(ゲーム性-1)

・タッチペン操作必須(操作性-1)

こんな人にオススメ

・カードゲームが好きな人

・カードパックを選ぶのが好きな人

・前作未プレイまたは絵柄にあまり愛着がない人

感想

ゲーム性

GBソフトで出ていたカードヒーローの続編ポジションです

マスターを倒すことが目的となる従来のルールのほかに、モンスターを先に5体倒すことを目指すスピードバトルというルールが新たに追加されています

従来のルールとスピードバトルで戦略がかなり変わる関係上、以前にもまして使えないカードが減りました

ストーリーモードをプレイすることでスピードバトルに始まり徐々にルールが解放されていく以前と同じような構成で進んでいきます

そのため、ストーリーをプレイすることで徐々にプレイヤーもレベルアップしていくことができます

 

カードはパックを購入することで手に入れることができますが、ポイントはストーリーモードではほとんどたまらず、センターモールで集めることが中心となるため手間に感じる人は感じるかもしれません

バトルにかかる時間も長めなのでストーリーはストーリーとして割り切る必要があります

 

各カードの能力も修正がかかり、カードの種類も増えルール追加に伴い元々良かったバランスがさらに良くなっています

ただし、絵柄が今風になっており以前のプレイヤーの方で以前の絵に愛着がある方は気になるかもしれません

ストーリー展開もオマケになった感があります

 

総合感想

カードゲーム初心者の人でも楽しめるよう配慮がされているゲームです

ゲームでありながらカードを集めている風の演出も多く、同じカードでもレアリティーがあるなどコレクション要素も上がっています

相変わらず逆転要素も強く戦略性も高いため対人戦も光ります

むしろ、以前の絵柄に愛着がない人の方がより楽しめる可能性もあります

 

良い点まとめ

カードゲームとしても楽しめ、コレクション要素もあります

ルールも豊富なので気になっている方はチェックしてみてほしい作品です

 

悪い点まとめ

前作との比較にはなりますが、ストーリーがおまけになってしまったのは残念な点です

また、タッチペン操作も個人的には苦手なためタッチペン中心の操作はもたついてしまいます

なお、前作経験者の方は絵柄が変わっている点にも要注意

 

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事