ゲームソフト概要

グラフィックの質は高い!が、課題も多し

スーパーファミコンソフトの機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122の感想を書きたいと思います

ハード SFC
ジャンル SLG
メーカー バンダイ
レア度 ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★★☆☆
お気に入り度 ★★★☆☆

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
4 5 4 5 6 24

加点ポイント

・戦闘グラフィックは力が入っている(グラフィック+1)

減点ポイント

・分かりにくい戦闘システム(ゲーム性-1)

・快適性に乏しい操作(操作性-1)

こんな人にオススメ

・ガンダムが好きな人

・F90系の機体が好きな人

感想

ゲーム性

シミュレーションに含むかどうかも怪しいラインのゲームですが、当サイトではそうしております

基本的な内容は、マップ上に配置されている敵を全滅させればステージクリアで、その前に自分または味方部隊の全滅または母艦の撃沈でゲームオーバーになるというゲームです

ちなみに、味方部隊は弱いです!

基本的に敵を倒してくれるとは思わず、自分からどんどん助けていかないとやられると思ったほうがいいレベルです

 

最大の特徴は戦闘システムで、これが非常に理解するまでわかりにくいです

画面の大部分は戦闘グラフィックになっており、実際によく見るのは画面右下にあるレーダーです

自機がレーダー中心におり、レーダーの各所に敵が見えており敵を自機の攻撃範囲に誘導することで攻撃が可能になります

この際の移動は十字キーで行いますが、戦闘画面では移動がグラフィックに反映することはなく、レーダーでの敵の位置の変化で判断することになります

右に移動すると敵が左に向かっていくようになり、左に移動すると右、上に移動すると下という風に実際押しているボタンと敵の動きは逆になるためわかりにくいです!!

 

また、攻撃に関しても命中率やダメージなどが明記されているわけでもなく、同じ攻撃でも何回当てても倒せないときもあれば1撃で倒せるときもあるなど、やはりわかりにくいです!

一応、敵の耐久値はなんとなくわかるようにはなっているんですが・・・

 

ちなみに、劇場版であるガンダムF91と世界観が同じであり、ストーリー的にもつながっております

劇場版F91の前のストーリーという感じでしょうか

ですので、F91は後半までお預けです

 

グラフィック性

使いまわしはかなり多いですが、それぞれの戦闘グラフィックはよくできています

自機、敵機共にアニメを意識されておりかっこいいです!

 

総合感想

全体的にわかりにくさが足を引っ張っている印象です

色々と評価できる点もあったり、戦闘システム自体も理解できればまともに戦うこともできるため、ちょっと違うだけでだいぶ化けたと思う作品です

また、グラフィックはきれいですし、BGMも印象に残るものもあるためガンダムゲームの中でもダメな方にはならないゲームです

まあ、オススメできるかといわれると怪しいところでもありますが・・・

 

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る

サイト内関連ページのリンク

ガンダム関連ページ一覧

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事