今買うのにオススメのゲームハード

前置き

ゲームをやりたくて、本体を買うことを決心している方いらっしゃいますよね?

現時点で買うハードを決めている方もいらっしゃると思います

しかし、中にはゲーム機がほしいけど、どれを買えばいいかわからないという方も結構いらっしゃると思います

そんな方のために、僕が考える項目ごとのオススメハードを紹介していきたいと思います

ご参考として読んでみてください

 

※なお、ハードやソフト販売状況やソフトや本体の相場などで入れ替わる可能性があります

 

※2017年9月4日の状況です

とにかくゲームがやりたい人にオススメのハード

プレイステーション3

 

買った本体次第ではPS~PS3ソフトがカバーできる非常にソフト選択の幅が広い本体です

どの本体であってもDL版のPS2はプレイ可能であり、PSにも互換性能があります

一部PS3ソフトはPS4と同じソフトも存在するためとにかくソフトラインナップが半端じゃありません

そのため、できるゲームソフトがダウンロード版の有無にかかわらず圧倒的に多いハードです

 

現状、PS4に現行機の座を譲っているため新作の発表はほぼありませんが、旧機種との互換性やDL版でできるソフトはPS4以上に多いです

 

また、現行機ではないが故に中古相場まで考えた場合、比較的安く手に入り新品の生産も終わっていないため入手が容易である点もオススメしやすいポイントでしょうか

ソフト自体も中古相場は一部を除いて低くなり始めているので、安く多くのソフトをプレイすることも可能です

 

将来性がほぼない点は気になりますが、今すぐに多くのゲームをプレイしたいという方にはこのハードがオススメです!

 

PS3ハードの細かい説明はPS3感想・レビュー

PS3ハード自体の性能についての説明はPS3について

がっつりゲームをやりたい人にオススメのハード

プレイステーション4

 

現状、現行機の中で最もソフト数が多く勢いもあるハードだと思います

新作発表数も多く、一人でガッツリやるタイプのゲームやオンラインマルチプレイに対応しているゲームも多く、腰を据えてゲームをやりたい方に満足できるようなラインナップがそろっているハードです

 

操作難易度が高い物も多いですが、その分、操作に慣れれば操作の自由度も高いゲームが多いです

操作に慣れるまでの過程、操作に慣れてからの楽しさなどが味わえます

 

現行機なため、本体価格は中古でもそんなに下がっておらず、基本的に高額ですが最近は定価の低い本体が出たことによりお求め安くなっています

ソフトに関しては高いゲームも多いですが一部安いゲームもあるという状況です

基本的に評価が高いようなゲームは高額な傾向です

 

まだまだこれからのハードですし、新作発売ペースが非常に早くじっくりとゲームを楽しみたい方にはオススメの本体となります

 

PS4ハードの細かい説明はPS4感想・レビュー

PS4ハード自体の性能についての説明はPS4について

手軽にゲームをやりたい人にオススメのハード

3DS

 

とにかく、ゲームに手軽さを求めている方にはこれという本体です!

ソフトラインナップはさまざまですが、全体的に覚えやすい操作で分かりやすいゲームが多いことが特徴です

任天堂系携帯ハードの現行機のため新作もそれなりに出ています

 

例外もありますが、短時間でサクッとできるようなものや、中断がしやすいゲームも豊富です

携帯ハードということもありどこでも持ち運んでプレイできる点も手軽にプレイするということと相性がいいです

 

現行機ですが、発売開始から結構時間がたっていることもあり本体の種類も豊富で定価が安い本体もあれば、旧型で中古相場が落ちている本体もあり本体選択の幅も豊富です

本体によって使用に若干の違いがあるため、使用目的などによって決める必要はありますが、手軽にゲームをやるなら3DSハードはオススメです

 

なお、DSとの互換性があるため、地味にプレイできるソフトラインナップは多めになります

 

3DSハードの細かい説明は3DS感想・レビュー

3DSハード自体の性能についての説明は3DSについて

お子さんにオススメのゲームハード

3DS

 

お子様にオススメと言ったら、3DSです

ソフトラインナップは豊富ですが、お子様がプレイすることを意識したようなゲームや人気が高いゲームが非常に多いです

ポケモンシリーズやマリオなどのシリーズもこのハードで出ています

 

操作もそういうゲームは覚えやすかったり簡単であることが多く、迷わずプレイしやすいと思います

互換性のあるDSソフトも同じような傾向のゲームが多いためこの要素はさらに強くなります

 

お子様が壊してしまうことが心配などであれば、敢えて高性能な本体ではなく3D機能がなくなった代わりに定価が安くなっている2DSの購入が視野に入れられる点も好ポイントではないでしょうか?

 

3DSハードの細かい説明は3DS感想・レビュー

3DSハード自体の性能についての説明は3DSについて

まだどれを買えばいいか分からない人へ

ここまで読んでも目星がつかない方や、ここで紹介されていないハードはどんな人が合うの?とお思いの方にはこちらの診断もございます!

診断のみしたい方はこちらからどうぞ

5つの質問に答えて相性のよさそうな本体を探せる診断ですので、お気軽にどうぞ

 

ゲーム機診断をする
△はドンピシャのハードがないときに条件に近いハードが選出された時に出るマークです
NSはニンテンドースイッチです

あなたにオススメのゲーム機診断

問1 : ゲームハードの新しさは
問2 : 主にプレイする予定の場所は
問3 : ソフトのラインナップは
問4 : ゲームはどういう風にプレイしたいですか?
問5 : インターネット環境があってゲームに使うのに抵抗がない

 

最後に

もし、本体で悩んでいる人の参考になればうれしいです♪

この記事は本体情勢が変わって内容が変わった場合は修正をかける予定です

今買うならということに重点をおいてますのでお悩みの方は参考の一つにしてみてください

 

通販はこちらから

amazonで本体を探す

楽天価格で本体を探す

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事