PSVita用メモリーカード一覧

容量 税抜き定価
4GB メーカー生産終了
8GB 1980円
16GB 3780円
32GB 6480円
64GB 9980円

前置き

PSVitaを買う際にどの容量を買えばいいか悩んだ方に向けて、僕が考える使い方と容量の考察をしてみました!

ぜひ、悩んでいる方はご参考にして考えてみてください

 

4GB

メーカー生産が終了しています!

が、もし安値で売っているのを見つけた場合にとりあえず繋ぎで使用する分にはいいと思いますが、少しだけ値段を上げて8GBにしても良いと思います

完全にVitaソフトをパッケージオンリーでプレイする方でほかの使い方をしない方用という感じでしょうか

また、ネットにつながっておらず、各ゲームのバージョンアップができない方もこのメモリーカードで足りる可能性があります

基本的にはほぼ同じ目的で使える8GBをオススメします

Amazon価格を見る 探し中

8GB

現状、新品で定価が一番安いメモリーカードになります

基本的にパッケージ版のソフトのみをプレイする方用のメモリーカードです

ただし、パッケージ版のみであってもソフトによってはソフトバージョンアップデータをメモリーカードに保存するゲームもあります

ゲーム次第では数GB使用するゲームもあるため場合によっては足りなくなってしまう可能性があります

パッケージ版のみプレイする予定で、他の使い方をしない方が少しでも安くメモリーカードをお求めになるならこのメモリーカードで良いと思います

ちなみに、このメモリーカードで辛くなるソフトとしてはPSO2、フォトカノ、レコラブあたりかと思われます

また、閃乱カグラEVもGBパッチ当たっているので注意が必要かと思います

Amazon価格を見る 楽天価格を見る

16GB

値段と容量のバランスが取れているメモリーカード容量です

定価的には新品のソフトよりも安く手を出しやすい設定で、パッケージ版のセーブデータとバージョンアップデータを記憶しておく分には十分ある容量です

また、8GBで辛くなるようなゲームをいくつかプレイしてても問題なくプレイできる容量でもあります

 

この容量であれば、PSアーカイブ(50MB~500MBくらいが多いです)のゲームであればパッケージ版のほかに一緒にデータを入れておいてもそれなりのソフト数入れて置ける点も魅力ではないでしょうか

 

ぶっちゃけ、どれだけ使うかわからないという方はとりあえずこの容量を選んでおけばコストパフォーマンスとデータ保存量的には満足できるかと思います

ただし、PSPのDL版やPSVitaのDL版をガッツリやるぞーという方には足りなくなります

 

PSVitaソフトはパッケージ版のみ使用でPSアーカイブを少しやるという方にオススメです

Amazon価格を見る 楽天価格を見る

 

32GB

値段的には結構高めの金額になってくるあたりです

ほぼ、新品のソフトと同じ金額なのでためらう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

この容量に関しては、パッケージ版のデータやバージョンアップデータはもちろん、PSPのDL版(200MB~700MBくらいが多いです)やPSVitaのDL版(500MB~2GBくらいが多いです)も少量本数であれば入れておくことができる容量です

もちろんPSアーカイブなども入れておけるため、パッケージ版とDL版を併用して使ったとしてもそこそこ長く使うことが可能だと思います

 

般的なプレイヤーの方であればとりあえずこの容量を使っていればデータ整理などしなくても長い期間使っていることができると思います

Amazon価格を見る 楽天価格を見る

 

64GB

値段がかなり高額のメモリーカードですが、現在販売しているメモリーカードの中で最大の容量のものになります

 

この容量を使って足りなくなる可能性があるのは、かなりのゲーム好きの方で頻繁にDL版のソフトを購入される方でしょうか

また、PS+に加入されている方も頻繁にフリープレイ配信でソフトをダウンロードすることが多いと思いますので足りなくなる可能性が高いと思います

 

また、PSVitaで音楽やムービーを見たり保存したりする方などもこの容量を使ったほうがいいかと思います

 

基本的にPSVitaのコンテンツをフルに使いたい人やガッツリDL系ソフトもやりたいという方向けのメモリーカードです

 

ちなみに、僕はこの容量を使用していますが・・・DL版も頻繁に購入するため万年容量不足です・・・

Amazon価格を見る 楽天価格を見る

 

まとめ

基本的に、ご自分がどれくらいPSVitaをやるかによって容量を選ぶ感じでしょうか

軽くやる程度であれば4~16GB、どうなるかわからない人は32GB、ガッツリやるつもりの方は64GBという感じかと思います

容量が多いものは結構高額なのであとから買い替えるなども大変だと思うのでこの記事を参考に無駄のない購入をご検討ください

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事