ゲームソフト概要

超絶自由度のロールプレイングゲーム

PCソフトのエルダースクロールスカイリムの感想になります

このソフトは他でもPS3版、XBOX360版、PS4版がありますが、PC版のみ持っているのでPC版の感想になります

ハード PC/PS3/PS4/XBOX360
ジャンル RPG
メーカー ベセスダ・ソフトワークス
レア度 ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★★★☆
お気に入り度 ★★★☆☆

ジャンル詳細

分類 タイプ エンカウント 戦闘方式 成長方式
3D 通常 常に交戦可能 アクション レベルアップ

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
8 7 4 5 5 29

加点ポイント

・何をしても自由なほどの圧倒的自由度(ゲーム性+3)

・細かいところまで設定があり、NPC1人1人にも生活がある(ストーリー性+1)

・サブストーリーも豊富(ストーリー性+1)

減点ポイント

・やや複雑な操作(操作性-1)

こんな人にオススメ

・自由度の高いゲームが好きな人

・ロールプレイングが好きな人

・フリーシナリオのゲームが好きな人

 

感想

ゲーム性

本作の最大の特徴は自由度の高さにあります

メインストーリーこそあるものの、それをそっちのけでゲーム内で生活ができるほどサブクエストが用意されており、できることも膨大です

キャラクターメイキングに始まり、スキル構成、お金の稼ぎ方、所属する派閥などなどかなりの数になります

メインストーリー自体も膨大です

 

戦闘システム自体はアクション要素がありますが、比較的簡素でありアクション重視の他のRPGと比べるとやや単調です

しかし、スキルや戦い方の自由度はありスキル構成ごとに戦略を練ることが可能だったりします

 

また、特定のNPCは仲間として連れて歩くことができたり、他のNPC(同性含む)とも結婚できたり家を持てたりとかなり色々できますが、メインクエストを進めるのにこれらの要素は要求されません

 

広大なマップ

非常にマップが広大であり、全て散策するのにかなりの時間を要しますが、実は最序盤からほとんどのエリアに行くことが可能です

もちろん道中でモンスターに襲われたりなどありますが、最悪逃げればOKだったりもします

また、各所にダンジョンなどもあるため1日かけてもすべて回りきるのは難しいのではないかと思えるほどです

 

ちなみに町ごとに家を買うことができたりもするためお気に入りの町で家を購入したりもできますよ♪

 

通常版とレジェンダリーエディションの違いについて

通常版は一番最初に販売した形態でありまさしく通常版です

レジェンダリーエディションは、通常版販売後に有料で配信された追加DLCが全て入ったバージョンになります

ちなみに、追加要素は全て量的にもなかなかでありゲームの自由度をさらに底上げする内容のため、今買うのであればレジェンダリーエディションがオススメです

ただし、なんとなくやってみたいというのであれば相場が落ちている通常版もアリかもしれません

 

MODについて※PC版限定

PC版限定でMODを使うことによりイベントやマップ、NPCなどを追加したり改変したりすることが可能です

また、公式サイトで専用のMOD開発ツールを配布してくれているなどMODに対してかなり理解のある開発チームとなっているようです

中にはゲームバランスをどっちの意味でも壊す可能性がありますが、どれを導入するかしないかも選択できるので便利です

ちなみに、MODは色々なサイトで公開されていたりそもそも自分で作ることもできますが、自己責任の部分はあるので導入する際は導入の仕方や注意などよく読みましょう

 

総合感想

PC版はそれなりにPCの性能を要求してきたり、MOD込みで考えると下準備が大変ですがMODのおかげもありコンシュマー版以上に自由度が高いです

ちなみに、本作はMODなしでも膨大な自由度を誇っているためなしで考えた場合も非常に楽しめる作品です

ただし、自由度が高すぎるがゆえにうっかりすると目的を見失いやすく、単調気味な戦闘システムからも合わない人にはとことん合わないゲームになっています

また、MODなしの場合、キャラクターもリアル指向のためこの方向でも人を選んでしまいます

ハマれる人になれた場合はかなり長い間楽しめるというか下手をすると飽きることがないかもしれません

良い点まとめ

とにかく自由でプレイスタイルはもちろんの事、ゲームの中で生活することすらできるレベルです

家を持つこともでき、結婚することもでき、ストーリーを真面目に進めることもできます

ハマれた場合、時間泥棒レベルの内容でかなりの時間楽しむことができます

PC版では公式がMOD導入をオススメしていたり支援しているため、そういう意味でも自由度が高い作品になります

 

悪い点まとめ

ゲーム開始時に少しチュートリアルがあるものの、基本的に細かい説明などはなく丸投げです

また、自由度が高すぎるため目標を立てにくいのも人によっては辛くなる可能性があります

戦闘要素もアクション性がありますが、アクションゲームとしてみると若干単調なゲームです

また、プレイヤーが戦闘不能になるとアウトなため突然強敵に遭遇した時は(わりとあり得ます)人によってはイライラする可能性がある点も注意が必要です

合う合わないははっきり分かれるタイプのゲームです

総合感想(裏)

ネタバレを含みます

しょっぱなに強制イベントでドラゴンに襲撃されますが、そこを脱出してからは完全に自由になります

メインストーリーは主人公がドラゴンボーンとして覚醒していきながらドラゴンシャウトを覚えていくという内容です

ただし、メインストーリーを進める必要は全くなく寄り道しても問題がない作りになっています

 

また、各NPCや組織や派閥との関係もあり、敵対状態になったり友好状態になったりとさまざまに関係が変化していきます

進め方やプレイの仕方次第では賞金首になってしまったり投獄されるなどもあり得るほど自由なゲームです

 

寄り道や脱線にも非常に魅力があるため、ハマれるとすごいです

ただし、その裏返しで自由すぎる内容がやる目的を見失わせやすいため合わないと全く面白みがわかないゲームになってしまう可能性がかなりあります

 

僕自身はMODを入れてのプレイが中心のためどこまでが初期でできることかいまいちわかりませんが、楽しすぎていまだにメインクエストは終わっていないどころか複数キャラを作ってしまっています

そのうちストーリーは終わらせる・・・かもしれませんよ?

通販はこちらから

PC版Amazon価格を見る PC版楽天価格を見る
PS3版Amazon価格を見る PS3版楽天価格を見る
PS4版Amazon価格を見る PS4版楽天価格を見る
XBOX360版Amazon価格を見る XBOX360版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事