パッケージ版とダウンロード版比較!あなたはどっち派?

前置き

ゲームソフトを買うときにダウンロード版とパッケージ版を見てどちらがいいのか悩む方がいらっしゃるかなと思い書いてみることにしました!

それぞれの特徴をメリットとデメリットを書きたいと思います

また、オススメの購入パターンも記述しておきたいと思います!

購入するときの参考にしていただけると嬉しいです!

パッケージ版の特徴

メリット

・ソフトの現物が持てます

・お店のお値段で購入することになるため、定価より安く買えることも多いです

・そもそも、パッケージ版でしか販売されていないソフトがあります

・飽きたら売ることができます

デメリット

・保管に場所を取ります

・別のソフトをプレイするときに入れかえないといけません

こういう人やソフトはパッケージ版がオススメ

・少しでもゲームを安くプレイしたい方

・飽きたら売ってお金にしたい方

ダウンロード版の特徴

メリット

・ソフトの入れ替えの必要がありません

・本体やメモリーカードなどにソフトを保管するため場所を取りません

・レアソフトなどが定価で売られていることがあります

・ダウンロード版でしか売られていないソフトがある

デメリット

・プレイをしなくなったとしても売るなどできません

・基本的には定価での購入がメインになってしまいます

・記憶容量を結構がっつり持っていかれます

※ハードによりますが、100MB~20GBくらいまで様々です

・パッケージ版は販売されているのにダウンロード版がないというゲームもある

・ネット環境が必須

こういう人やソフトはダウンロード版がオススメ

・ソフト入れ替えしたくない人

・ゲームを売るつもりがない人

管理人の選択基準

僕の場合を参考までに書いておきます

僕の場合は、絶対に売らないと思う本命ソフトは基本的にダウンロード版を使うことが多いです

また、パッケージ版が見つからないけど、普通にダウンロード版が売られている場合(カルネージハートとか!)はダウンロード版を使ったりします

また、頻繁にやりそうなゲームもダウンロードを使ったりします

それ以外の場合は普通にパッケージ版を買うことが多いです

店頭での衝動買いはほぼパッケージ版となります

逆に好きなシリーズなどはパケ版でしょうか

また、最近だと現行ハードでレトロソフトがDL版でできたりするのでそういうときもダウンロード版を使っています

まとめ

それぞれ一長一短あります

好みが別れますし、ソフトによってどっちがいいかというのが変わることも多いと思います

パッケージ版は相場があるので、ソフト次第では新品でも定価より安く買えることが多いです

ただ、ダウンロード版でもタイミング次第では安く買えることもあるので、そういうタイミングを狙うのもいいかもしれません

容量問題と中古に出せる出せないの差は結構でかいのでその辺をどう考えるかでどうするかが決まると思います

SONY系も任天堂系も、パッケージ版がほとんど出回っていないようなレトロゲームがダウンロード版にあったりするため、そういうソフトはパッケージ版を買うよりダウンロード版の方がお安く手に入るパターンもあります(SFCの魂斗羅スピリッツはWiiUでプレイできるDL版のが安いです)

 

個人的にはレトロ系のDL版は比較的オススメです!

容量も少なく、取り扱っているお店も減っており、レアゲーがDLソフトに紛れ込んで売っているからですね

逆に新しいハードのソフトに関しては中古に売るかどうかや容量を考えるて購入されるといいと思います

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事