ゲームソフト概要

乗り要素や空中からの戦闘が可能になったモンハンの新しい姿

3DSソフト、モンスターハンター4の感想を書きたいと思います

ハード 3DS
ジャンル ACT/協力
メーカー カプコン
レア度 ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★★☆☆
お気に入り度 ★★★☆☆

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D ハンティング キャラメイク なし ライフ制

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
5 5 5 6 5 26 

加点ポイント

・段差を利用した空中からの攻撃や乗りなど新要素が豊富(ゲーム性+1)

・相変わらず良BGMに良効果音(サウンド+1)

減点ポイント

・狂竜病関連のシステムがやや手間(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・モンハンファンの人

・安くモンハン手に入れたい人

感想

ゲーム性

ハンティングアクションゲーム代表シリーズモンハンの4です

この作品ではチャージアックスと操虫棍が追加されています

また、新要素として空中からの攻撃や乗り攻撃など様々な要素が追加され今までの作品と比べても戦闘の選択肢がかなり大きくなった作品です

この作品独自の要素として狂竜病というシステムも採用されています

 

バランスとしてはやや新要素が強めのバランスで特に乗り攻撃の拘束力と乗りを狙いやすい操虫棍の強さが目立っています

ただ、それで今までのが使えなくなっているかといわれるとそうでもないため、新要素が今までのシステムを壊しているわけではありません

むしろ、戦略の幅を広げるのに一役買っています

 

ただ、独自要素である狂竜病に関しては個人的にかなり微妙に感じました

このシステムの特徴としては、狂竜病が発症しているモンスターと交戦する場合、各種攻撃に狂竜病を発症させる能力が付与されます

プレイヤーがこの状態になると制限時間以内に一定以上の攻撃を与えないと実質的な防御力ダウン効果を喰らってしまうことになります(厳密には防御力ダウンではないんですが)

ただ、一定以上攻撃できると能力が上がるというシステムです

これ自体は大した問題ではないのですが、ゴアマガラやシャガルマガラ以外のモンスターが発症する場合、戦闘中にいきなり動かなくなり派手なエフェクトで発症するため一瞬スキができるとはいえやや戦闘のテンポが落ちてしまっている印象です

また、発症エフェクトが終わるまで倒せなくなるという点も地味にイヤだと感じました

 

全体的にプレイヤー側の機動力が上がった分、モンスターの攻撃のシューティングゲームっぽさも上がっている点も気になる人は気になる点かもしれません

むしろ、初シャガラ戦とか攻撃が避けれなかった・・・

 

PV

総合感想

プレイヤー側の強化点も多いですが、モンスター側の強化点もそれ以上に多い印象のモンハンです

難易度自体はそこまでではないためモンハン初心者さんでもプレイは可能だと思います

この作品から入ると過去作が辛く感じるかもしれないレベルで機動力は高い作品でしょうか

ただ、初見殺しモンスターは多い印象があることと、上位クエでは旧モンスターであっても初見殺しモーションがあることがあるので慣れている方でも油断しない方がいいかと思います

 

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事