季節を抱きしめて(PS)感想・レビュー

ゲームソフト概要

桜の木の下で出会った少女と女友達との三角関係

PSソフトの季節を抱きしめての感想を書きたいと思います

やるドラシリーズテーマ夏であるダブルキャストのレビューはこちらから

本作はPSP版も出ていますが、PS版しか持っていないためPSP版は言及できないかもしれないです

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PS/PSP
ジャンル ADV/美少女
メーカー ソニー
DL版の有無 ○(PSVita)
レア度
 
オススメ度
 
お気に入り度
 

評価点数:26/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
5 5 4 5 7 25

感想

加点ポイント(グ+2)

・フルアニメーション(グラフィック+2)

減点ポイント(操-1)

・スキップ性能とセーブシステム周り(操作性-1)

こんな人にオススメ

・ラブストーリーが好きな人

ストーリー性

序盤はほのぼの?中盤から修羅場系恋愛アドベンチャーです

本作品、前作ダブルキャストと違い、後半のストーリー展開がルートによりかなり変わります

また、ノーマルルートもかなり多種多様でバッドエンドも笑えるものも多いです

ただ、中には軽いホラーチックな話や超ド修羅場があるなど恋愛でありそうなシーンは取り揃えられている感じですね

キャラクターに関してはメインヒロインがかなり特殊な設定ですが、基本的にいい子です

サブヒロインも色々な趣向の人に対応できそうなできなそうな面々がそろっているので、誰かしらお気に入りになるのではないかと思います

総合感想:オススメ度3

変則的な恋愛ストーリーだと思います

やるどらシリーズだけあって、フルアニメーションは健在です

本作品に関してもアニメーションは綺麗です

グッドエンド自体は比較的容易に見れる内容になっていますが、いくつかのグッドエンドは2周目以降でないと見れないなどの要素があったりします

また、システム周りは前作同様、スキップしても時間がかかる仕様だったり、システムファイルがないため、思ったようにデータ保存ができないなどあります

また、本作はグッドエンドが5種類あるため、それぞれのグッドエンドをいつでも見れるように保存しておいてしまうとセーブ箇所すべて使い切ってしまうため進めることができなくなってしまったりします(セーブ箇所は5カ所)

 

熱中度的にはやや低めな印象かもしれません

また、本作もぶっとおしでやり続けると1周につき2時間くらいの内容になっています

良い点まとめ

フルアニメーションでゲームを見ているというよりアニメを見ている感覚になれます

手軽にプレイできる作品です

悪い点まとめ

セーブ周りが非常につらいです

通販はこちらから

PS版Amazon価格を見る PS版楽天価格を見る
PSP版Amazon価格を見る PSP版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事