スナップキッズ(GBA)感想・レビュー

ゲームソフト概要

撮った写真がカードになる!!カードバトルRPGの名作

GBAソフトのスナップキッズの感想を書きたいと思います

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード GBA
ジャンル RPG/その他
メーカー スクウェアエニックス
レア度
オススメ度
お気に入り度

評価点数27/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
7 5 5 5 5 27

加点ポイント(ゲ+2)

・モンスター(ゲーム内でワンダー)を撮影することでカードを作るというシステムの斬新さ(ゲーム性+1)

・撮影が上手くなるほど有利になる(ゲーム性+1)

減点ポイント

とくになし

こんな人にオススメ

・写真撮影をするゲームが好きな人

・カードゲームが好きな人

感想

ゲーム性

一風変わった独特なゲームです

基本的な戦闘システムはカードゲーム風ですが、召喚するモンスターカードを自分で作るという他のゲームにはない独特のシステムがあります

モンスターカード(ゲーム内ではワンダ)はいわゆる写真撮影になっており、ワンダを上手に撮影できるほど強いカードになります

また、ワンダは撮影中常に動いており、条件を満たすと技を使いその時に撮影するとカードにした際にその技も使えるようになるなど工夫がされています

また、カメラをカスタマイズして自分のやりやすいように調整することなどもできるため、パーツが揃うほど撮影がしやすくなっていきます

ストーリーを進めるほどいける場所も増え撮影できるワンダも増えるためクリア後が本番タイプのゲームでもあります

 

カードゲームとしても非常によく考えられており、強いカードだけでは勝てないというバランスがされており、一概に弱いカードが使えないわけではないです

もちろん、カードの中にはワンダを援護するカードも存在しバランスの調整などもする必要があります

 

総合感想:オススメ度4

割と知られていない良作で、スナップゲームが好きな方やカードゲームが好きな方はハマれる要素が多いゲームです

ただし、片方のみだともう片方の要素が邪魔に感じてしまう可能性もあります

ワンダー自体の種類も多く図鑑要素もあり、撮影の内容も結構細かく見られているため撮影のやり込み度も高いです

特にてぶれ(カメラを移動させた直後は綺麗に取れない)は慣れるまでかなり辛い要素になりますが、ワンダの動きがわかって先読みできるようになると大分撮影しやすくなるため、撮影が上手くなっていくことを感じることができます

初めて見るワンダにはいろいろやるのが一番いいかもしれません

レアワンダを見つけて逃げられても泣かない

良い点まとめ

とにかく写真を撮ることだけでも楽しいのに、それが対戦で使えるというオリジナリティーあふれる設定が非常に良い作品です

写真&カード収集が好きな人にオススメの一品という感じでしょうか

悪い点まとめ

とくになし

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事