俺の屍を越えてゆけ(PS)(PSP)感想・レビュー

ゲームソフト概要

子供たちに思いを託すRPG

PSとPSPのソフト俺の屍を越えてゆけの感想を書きたいと思います

基本的にはPSP版はリメイクであり追加要素がありますが、基本部分は同じため一緒に書かせていただきます

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PS/PSP
ジャンル RPG
メーカー ソニー
DL版の有無 ○(PS3/PSP/PSVita)
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ エンカウント 戦闘方式 成長方式
2D ダンジョン攻略型 シンボル 準リアルタイムコマンドバトル レベルアップ

評価点数:29/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
7 6 5 6 5 29

加点ポイント(ゲ+3/ス+1/サ+1)

・一族を育てるという人によってはたまらないシステム(ゲーム性+2)

・難易度変更によるプレイヤーに合わせた難易度設計(ゲーム性+1)

・少ないながらも実は奥深い設定のあるストーリー(ストーリー性+1)

・良曲多し(サウンド+1)

減点ポイント(ゲ-1)

・術まわりの戦闘バランスが地味に悪い(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・RPGが好きな人

・育成ゲームが好きな人

・ストーリーの裏設定を考えるのが好きな人

感想

ゲーム性

一見するとダンジョン攻略型のRPGに見える作品ですが、実際は育成システム周りが非常に独特で中毒性のあるシステムを採用しています

まず、主人公はゲーム開始後数十分から数時間で死んでしまいます(シナリオ的にもシステム的にも)

また、主人公一族は全員数十分から数時間で死んでしまいます

これはシナリオ上で主人公一族が短命の呪いを受けているからで、この呪いを解くために主人公一族は戦っています(他にも人間との間に子供が作れないという呪いも受けています)

しかし、それではどうするのかと言いますと、主人公一族と神様の間で子供をもうけて家計を強くしていき目的を達成するという育成システムになっています

この子供の強さは両親の遺伝から決定されていき徐々に強くなっていくという感じになっています

また、家系図も搭載されており、どんどん家系図が増えていくため徐々に強くなり大きくなっていく家系図を見てうれしい人はたまらなく嬉しい内容になっています

ちなみに、キャラクターの寿命は長くて2年で尽きてしまい、各コマンドは1カ月単位で進むため計画的な育成が必要になります

 

ちなみに、戦闘面に関してはコマンド選択式の戦闘ですが戦闘不能に対するペナルティーが非常に重く、最悪一回の戦闘不能でそのキャラクターが死亡するリスクを背負っています

また、HPが減っている状態で行動を続けるとガンガン死亡リスクが上がっていくためHP管理も非常に重要になってきます

もちろん、ボス戦突入時は逃げることができないため、ボス戦をする際はやられない準備が必要になるという中々の緊張感があります

ただし、他のゲームでいうところの魔法に当たる術のバランスは崩れ目で一部補助魔法が強いため注意が必要です(PSP版は多少緩和してます)

また、ダンジョン攻略中は一定期間がたつと屋敷(拠点)に戻るか進めるかの選択を聞かれ、進む場合はゲーム内で1カ月経過し、その時のキャラクターの状態によってパラメーターにペナルティーが科せられることも気を付けないといけないポイントになります

 

他にも町への投資により道具屋や武器屋などの品ぞろえが良くなったり、定期的に大会が開かれるなどやり込み要素が満載です

また、PSP版のみ全クリ後に隠しモードがあるため、そちらをプレイするといろいろなファンサービスがあったりします

 

ストーリー

ストーリーについてはゲーム上で明確に語られることは少なく、攻略ダンジョンの順番が任意に選べ得るため分かりにくいのですが、細かい設定がかなりあり、要所要所で提示される情報を解読すると1つのストーリーとしてくくられるという手法がとられています

このストーリーが結構な完成度でファンが多いです

理解するまでは大変ですが、理解できるとそのシナリオには驚かされるかと思います

 

総合感想:オススメ度4

育成ゲームとしてもRPGとしても楽しめる作品です

キャラクター一人ひとりと接する時間は少なくなりがちですが、死亡した時にセリフがあったり、細かいプロフィールが地味に見れたりするため家系図を見ることで過去にいたキャラクターへの思い出が浮かぶこともあるというゲームです

合わない人にはとことん合わないタイプのゲームですが、完成度は高くRPG好きの方にはオススメしやすい作品です

良い点まとめ

難易度設定もでき、どんな人にも楽しめる親切設計です

キャラ一人ひとりの育成時間は短いのですが、一族という大きな目で見た時の育成はなかなかのものであり気が付くと愛着がわいています

ストーリーも実は練られており想像の余地もあるため結構楽しめます

 

悪い点まとめ

ややバランスが悪いように感じる部分があることでしょうか

通販はこちらから

PSP版Amazon価格を見る PSP版楽天価格を見る
PS版Amazon価格を見る PS版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事