ゲームソフト概要

新要素でさらに駆け引きが増したナルティメットストームシリーズ

PS3ソフト、NARUTOー疾風伝ーナルティメットストームレボリューションの感想を書きたいと思います

ハード PS3/XBOX360
ジャンル ACT/対戦
メーカー バンダイナムコ
レア度 ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★★☆☆
お気に入り度 ★★★☆☆

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D 対戦特化 キャラ選択式 なし ライフ性

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
5 6 6 5 6  27

加点ポイント

・合体奥義が非常に良い(ゲーム性+1)

・オリジナルストーリーの出来は良い(ストーリー性+1)

・簡単操作でかっこいいコンボができる(操作性+1)

・アニメを見ているかのようなグラフィックでゲームができる(グラフィック+1)

減点ポイント

・メインモードがややボリューム不足(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・ナルティメットストームシリーズ未経験者の人

・ナルトファンの人

感想

ゲーム性

メインモードに忍界武闘会モードを搭載したナルティメットストームシリーズの外伝的作品です

忍界武闘会モードはストーリーらしいストーリーはなくCPUと4人で乱闘をし祭珠を多くあつめた人が勝ちという一人専用モードです

基本的には今までのナルティメットストームシリーズ同様、簡単操作で爽快なバトルができる作品です

他にもメカナルト編や忍活劇モードがあり、それぞれストーリーがあります

ストーリーがあるモードのストーリーのできはよく、ナルトらしい内容になっています

また、新要素としてチームタイプが存在し、チームタイプにより戦闘における特徴が変わるというものがあります

それぞれ一長一短あり対戦での駆け引きに一役買っています

また、奥義として特定のチーム構成の時のみ発動できる合体奥義があり、非常に良い奥義だと思います!

個人的にはナルト×ミナト×クシナの合体奥義がヤバいです

 

総合感想

2や3と比べると若干ボリューム不足感がありますが、使用できるキャラ数は多く今までのいいところはそのままに新要素もうまく機能している作品です

目新しさこそあまりありませんが、合体奥義は非常に見ごたえがあり、合体奥義ができる組み合わせはついつい探してしまいます

サポート専用キャラをメインキャラとして使いたいと思えるキャラもいますが、キャラ選出はいいところ出ていると思います

むしろ、2や3をやっていない人の方が満足感が高い作品かもしれません

 

良い点まとめ

相変わらずの簡単操作でアニメのような戦闘ができるゲームになっています

新要素も対人戦における駆け引きの奥深さが増しており良い要素になっています

特に合体奥義は原作からある程度組み合わせを想像でき、しかも演出もかなり良いモノが多いです

ストーリーもナルトらしいストーリーでアニメも短いながら見ごたえがあります

悪い点まとめ

なによりも、ナルティメットストーム2や3と比べてメインストーリーのボリューム不足感があります

特に忍界武闘祭は周回前提とはいえ1周に2時間かからないくらいなので周回したとしてもやはりボリューム不足感があります

他のモードも2や3の原作の大半をカバーしている内容から見るとやや見劣りする印象があります

なお、忍活劇もアニメメインモードではありますが全部で1時間弱あるかないかくらいです

何より、4人乱闘が1人専用モードでしかできないのが残念すぎました

 

通販はこちらから

PS3版Amazon価格を見る PS3版楽天価格を見る
XBOX360版Amazon価格を見る XBOX360版楽天は探し中
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事