マリオテニス64(N64)感想・レビュー

ゲームソフト概要

マリオキャラを使った簡単操作で本格テニスゲーム

ニンテンドー64のソフト、マリオテニス64の感想を書きたいと思います

ちなみに、ほぼ対人戦しかプレイしておりませんので、そういうレビューになります

続編のマリオテニスGCのレビューはこちらから

連動作品、マリオテニスGBのレビューはこちらから

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード N64
ジャンル スポーツ
メーカー 任天堂
レア度
オススメ度
お気に入り度

評価点数:31/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
7 5 8 6 5 31

加点ポイント(ゲ+2/操+3/サ+1)

・キャラクターごとの特徴がしっかりしていてテニスゲームとしての完成度が高い(ゲーム性+2)

・簡単な操作でテクニカルなプレイが可能(操作性+3)

・耳に残る曲多し(サウンド+1)

減点ポイント

とくになし

こんな人にオススメ

スポーツゲームで友達と盛り上がりたい人

マリオのキャラが好きな人

テニスゲームが好きな人

テニスゲーム初心者の人

感想

ゲーム性

いわゆるマリオのキャラクターたちがテニスをするゲームです

各キャラクターごとにタイプがあり、得意なことが違ったり、ボタンの押し方でショットを使い分けることができる、マリオらしい簡単操作で多くの人が楽しめるタイプのゲームです

ショットにも、通常ショット、トップスピン、スライススピン、ドロップショット、ロブ、スマッシュをボタン二つで使い分けができるという簡単操作です

多少の慣れは必要ですが、慣れてしまえば好きな時に狙ったショットが使えるようになります(スマッシュのみ条件あり)

 

また、ルールやコースも好きなように設定できるため2人対戦から4人、短期決戦から長期決戦など様々な形式で試合ができる点もポイントです

コースによって弾の速さやバウンドなど結構な差が出るため、コースを変えるだけで全然違う雰囲気の試合になったりもします

 

また、バランス崩壊しやすいのですが、ゲームボーイ版マリオテニスで育成したキャラクターを使用することも可能であり、全員が育てたキャラクター同士の戦いもできたりします

 

総合感想:オススメ度4

64のコントローラーの操作感の良さや4個のコントローラーを接続できる本体のおかげで、非常に4人対戦がしやすく、ルール設定が細かいおかげで手軽さも高いゲームです

上達している人同士の試合はかなり熱くなかなか白熱できます

キャラクターもマリオキャラでなじみ深くやりやすいゲームです

友達を7人呼んで、自分を入れて8人にして試合を夜通しでしたのはいい思い出です

 

ちなみに、僕の使用キャラは:クッパ→ベビーマリオ→パタパタ(サウスポー)でした

良い点まとめ

テニスのルールを知らなくても手軽に簡単操作で奥深い試合ができます

キャラもそこそこ多く手堅く楽しめる印象の作品です

また、マリオテニスGBとの連動機能もあり幅広い遊びが可能です

悪い点まとめ

とくになし

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事