ゲームソフト概要

いろんな意味で分かりにくいFPSのシリーズ作品最新作

PS4ソフト、キルゾーン シャドウフォールのプレイ感想を書きたいと思います

ハード PS4
ジャンル ACT/STG
メーカー ソニー
レア度 ★☆☆☆☆
オススメ度 ★★☆☆☆
お気に入り度 ★★☆☆☆

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D ステージ攻略型 固定 なし ライフ制

評価点数

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
4 5 3 5 6 23

加点ポイント

・マップが広く捜索が楽しい(ゲーム性+1)

・グラフィックが非常にきれい(グラフィック+1)

減点ポイント

・どこに行けばいいかわかりにくいインターフェイス(ゲーム性-1)

・ゲーム序盤のステージから、敵の集団攻撃が非常に痛く(ゲーム性-1)

・咄嗟に反応しにくい操作周り(操作性-1)

・インターフェイスとの兼ね合いで操作がおぼつかない場面多々あり(操作性-1)

こんな人にオススメ

・FPSに超慣れている人

感想

ゲーム性

戦争モノ?のFPS作品です

武器2種類と投擲系、さらにドローンを装備して戦うことができる作品になります

キャンペーンモードにおいてドローンはいろいろなことをさせることができます

敵を攻撃する、シールドを張る、電子機器のハッキングをする、移動するためのロープをかける

の4つを命令して使うことができます

特に後半二つはステージ攻略において必須なため重要です

もちろん前半二つも戦闘時の難易度に大きく影響を与えるために使いこなすことが必要になります

 

なお、本作のシングルモードは最序盤から難易度が高めで結構苦戦します

なにより、操作全般が直観的に分かりにくく、ドローンの使える場所も分かりにくいという点があります

また、敵の配置もきつめで隠密行動がしにくいという問題もあります

それに加えて警報装置をハッキングしないと敵の増援が止まらないため、状況次第では敵に囲まれながらハッキングすることになります

これが2ステージ目から来るため結構心がおられます

その分、2ステージ目からドローンの機能はフル開放されてるんじゃないかくらいいろんなことができます

 

また、マップの広さが広いのは良いのですが、目的地までが分かりにくい点も楽しみにくい点となってしまっています

グラフィックが綺麗で見ていてうっとりするようなグラフィックなだけにもったいないです

また、背景が綺麗だからか、敵が発見しにくいということもあります

一応、システムで敵をサーチして壁の向こうの敵なども見つけられるようにはなっていますが、安全を確認した箇所から突然敵が現れることもあるため常に油断ができないというか、いつドンパチが始まるか全く読めないです

 

総じて、慣れる前に高難易度にたたきつけられる印象です

もう少し順を追ってプレイしたいというのが正直なところでしょうか

 

総合感想

もう少し、キャンペーンモードが順を追って慣れさせてくれて、インターフェイス的にも分かりやすければ非常に楽しめそうな作品だけにもったいないです

グラフィックの綺麗さやマップの広さは本来であれば全くマイナスにならない要因なだけにもったいない印象です

序盤のきつさにが僕には非常につらい作品でした

 

良い点まとめ

グラフィックが非常にきれいでマップが広いです

 

悪い点まとめ

プレイヤーを突き放した感があるシングルモードです

気が付かない、気が付けない人お断り感がちょっとあります

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事