とある魔術の電脳戦機(PS4)感想・レビュー
とある魔術の電脳戦機

ゲームソフト概要

色々と惜しいコラボなバーチャロン!

PS4ソフト、とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)のプレイ感想を書きたいと思います

PSVita版も出ていますがそちらは未プレイです

バーチャロン過去作はアーケード版を学生時代に少しかじった程度です

また、とある魔術の禁書目録は全く予備知識がない状態でのプレイとなります

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PS4/PSVita
ジャンル ACT/対戦
メーカー SEGA
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D 対戦特化 選択式 なし ライフ&ポイント制

評価点数:23/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
5 4 4 5 5 23

加点ポイント(ゲ+1)

・バーチャロン感はあり、ゲームとして楽しめる(ゲーム性+1)

減点ポイント(ゲ-1/ス-1/操-1)

・各モードをプレイしないと解放されないモードや機体あり(ゲーム性-1)

・原作を知らないと厳しいストーリー(ストーリー性-1)

・ツインスティック操作再現ができない(操作性-1)

こんな人にオススメ

・バーチャロンを知っていて、とある魔術の禁書目録も知っている人?

とある魔術の電脳戦機

 

 

 

 

 

感想

ゲーム性:5/10

ゲームとしてはスポーツを意識したロボット系ゲームです

相手の撃破またはタイムアップまでに相手を転倒させて手に入れたポイントを競い合って戦うゲームとなっています

1VS1と2VS2のルールもあり、転倒でポイントが入ることから積極的な攻撃が推奨されているルールになっています

全体的にストーリーモードや各種モードをプレイすることでできるようになるモードが多く、純粋にバーチャロンだけで楽しむというわけにはいかない点がややネックな印象があります

特に、最初から解放されている対戦モードは対戦相手をランダムで選べず、1戦で終わってしまうため、手軽に連戦できるモードが最初はない点は辛いポイントです

ストーリー性:4/10

とにかく、とある魔術の禁書目録を知っている前提?な内容です

登場人物の性格や人間関係は全く説明されず専門用語っぽい物もガンガン出てきて、ストーリーを最初からはじめても全くついていけない内容となっています

なんとなく、話を理解で来てれば面白そうな話をしていることもありますが、基本的に置いてけぼり間がすごく事前情報なしの状態では全く楽しめない内容になっています

とある魔術の禁書目録を知っている方は受ける印象が変わるかもしれません

操作性:4/10

2つのスティックを使った操作は・・・できません!

そのため、PS4用操作で練習する必要があります

キーコンフィング自体はできますが、スティックの役割自体は変えられないため、ツインスティック操作を完全に再現することはできず、ジャンプはボタン操作になります!!

慣れてくれば、バーチャロンらしくかなりしっかり自由に行動できますが、近接も近接用ボタンに割り振られており、色々と戸惑う可能性があります(前は自動で切り替わってたような記憶がありますが、記憶違いでしたら勘違いです

トランジションを上手く使うことでかなり高速で動き回ることができるようになるため疾走感は強いです!

サウンド:5/10

ストーリーはフルボイスです

 

グラフィック:5/10

PS4としては標準という印象でしょうか

とある魔術の電脳戦機

 

 

 

 

 

総合感想:オススメ度2

とある魔術の禁書目録を知らないため断言はしかねますが、とあるファンの方にはバーチャロン要素が、バーチャロン目的の方はとあるのストーリーの説明のなさがとにかくネックになるのではと思う内容になっています

もう少し、きちんと力を入れるなり説明を増やすなりすればどっち目的でも楽しめそうな雰囲気もあるために非常に残念な印象です

特にストーリーはきちんとしたキャラや設定の説明や用語解説なんかがあればだいぶ違ったんじゃないかなぁとは思います

バーチャロン部分に関しても従来のバーチャロンプレイヤーの人はスティック2つを使った操作はしたい人が多いんじゃないかなぁと思うため、非常にもったいないと思いました

操作周りをある程度把握し自由に動けるようになると機体の強弱バランスはおいておいて楽しめる程度にはなっているだけにもったいないです

また、ルール上当てやすく転ばしやすいキャラが強くなりがちなためそこも工夫が欲しかったかなぁというところでしょうか

惜しい部分が目立つ作品という印象です

 

良い点まとめ

バーチャロンということを意識し過ぎなければ、バランスの問題こそあれロボットゲームとしては十分に楽しめる作品です

 

悪い点まとめ

折角のコラボなのにお互いの長所を上手くいかせてない感があるのは非常にもったいないです

もうすこし、それぞれ片方しか知らない人に対する配慮があればと思わずにはいられません!

通販はこちらから

PS4版Amazon価格を見る PS4版楽天価格を見る
PSVita版Amazon価格を見る PSVita版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事