注目キーワード

閃乱カグラ-ESTIVAL VERSUS-(PSVita)感想・レビュー

PS4

ゲームソフト概要

脱げても戦う女の子たち、グラフィックを向上させて再び

PSVita、PS4ソフトの閃乱カグラ-ESTIVAL VERSUS-の感想を書きたいと思います

ただ、PS4版は持っていないので主にPSVita版の感想になりますー

前作、閃乱カグラSVのレビューはこちらから

スピンオフ作品のデカ盛り閃乱カグラのレビューはこちらから

[common_content id=”9361″]

ハード PSVita/PS4
ジャンル ACT/美少女
メーカー マーベラス
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D ステージクリア型 キャラ選択型 なし ライフ制

評価点数:26/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
3 5 5 5 8 26

加点ポイント(グ+3)

・もともときれいだったグラフィックがさらにパワーアップ(グラフィック+3)

減点ポイント(ゲ-2)

・キャラクター間のバランス悪化、キャラによってはつらいレベルに・・・(ゲーム性-2)

こんな人にオススメ

・超ド直球のお色気ゲームが好きな人

・ゲームキャラにに男なんて必要ないぜという人

・女の子の着せ替えをしたい人

・グラフィックは良いに決まっているという人

 

感想

ゲーム性

PSVita版での前作にあたる閃乱カグラSHINOVI VERSUS(以下カグラSV)の続編にあたり、登場キャラクターが継続しています

アクション面に関しては前作の要素にさらに壁走りや、壁激突からのカウンターなどが追加されました

また、キャラクターによっては攻撃モーションなども変更されています

ただし、モーションに関しては全体的に技の硬直が増えたキャラが多く、弱体化してしまったキャラクターが多いように感じました

全体的にカグラSVの方が軽快にコンボを決めれた印象が強いです

また、追加アクションも自分で使うより相手に使われることが多く、かっこよさは上がったものの、敵からの反撃される場面が増えやはり爽快感減少につながっている印象です

 

操作キャラについては前作より+5人増えており全員で25人+αと増えております

新キャラに関しても他のキャラとかぶることなくなかなかの存在感を発揮しています

お色気演出やグラフィック上のお色気要素は結構増えている印象で、特定の箇所で対戦キャラを倒すと特殊演出もあったりします(お色気度マックス)

前作以上に人前でやりにくくはなってしまっていますが・・・

 

ストーリーについては前作よりも全体的にギャグ要素が増えた印象があります

また、前作はメインストーリーが各学院ごとでしたが、今作では1つのストーリーとなっており、各キャラクターごとのストーリーについてもメインシナリオで条件を満たして出現させる必要です

個人的には前作同様、最初から好きなシナリオを進めたかったのでちょっと残念でしたね・・・

 

総合感想:オススメ度2

グラフィックやお色気要素は大幅にパワーアップしました

が、ゲームとしての面白さは少しパワーダウンしてしまった印象です

操作キャラが増え飽きにくくはなっているものの、アクション面のテンポが主に硬直の影響でそがれてしまい集中できないように感じました

アクションゲームとしての面白さも求めると前作に一歩ゆずってしまう印象でしょうか

ただ、お色気要素やキャラクターの魅力は相変わらずなので、アクション面を気にしないのであれば楽しめる作品かと思います

良い点まとめ

キャラが増えグラフィックも力が入っています

悪い点まとめ

キャラごとの性能差が大きく好きなキャラを使い続けるには愛が必要になることがあります

ストーリーもシリアス分が大幅にダウンしています

通販はこちらから

PSVita版Amazon価格を見る PSVita版楽天価格を見る
PS4版mazon価格を見る PS4版楽天価格を見る
最新情報をチェックしよう!