ドラゴンズドグマダークアリズン(PS3)感想・レビュー

ゲームソフト概要

アクション要素の強いオープンスタイルのアクションRPG

PS3ソフトのドラゴンズドグマダークアリズンの感想を書きたいと思います。

なお、PS4とSwitchでも販売されています。

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード Switch/PS3/PS4
ジャンル ACT/RPG
メーカー カプコン
レア度
オススメ度
お気に入り度

アクション要素ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
3D オープンワールドACTRPG キャラメイク なし ライフ性

RPG要素ジャンル詳細

分類 タイプ エンカウント 戦闘方式 成長方式
3D 通常 常に交戦可能 アクションバトル レベルアップ

評価点数:28/50

ゲーム内容 ストーリー内容 操作のしやすさ 音楽の良さ 映像の良さ 総合
7 5 5 5 6 28

加点ポイント(ゲ+3/グ+1)

・色々な職に自由に就くことができ、スキルの自由度もある(ゲーム性+2)

・味方との連携が楽しい(ゲーム性+1)

・キャラクターメイクが2キャラ分でき、グラも綺麗(リアル系グラ)(グラフィック+1)

減点ポイント(ゲ-1)

・たまにレンタルしている仲間がネタバレをする(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・ACTRPGが好きな人

・スキルを自由に組み合わせて戦いたい人

・自分で作ったパートナーが強くなっていくのを感じるのが好きな人

・他の人の作ったNPCを仲間にしてみたい人

 

感想

ゲーム内容:7/10

基本的にはプレイヤーとプレイヤーとともに成長するメインポーン、他のプレイヤーが作成したポーンであるサポートポーン二人の4人で旅をするアクションRPGです。

プレイヤーが戦闘不能になると即ゲームオーバーなので、最新の注意が必要です。

そして、その場合、最後のセーブポイントまで戻されるのでほんとに注意が必要です(一定周期でオートセーブされてますが)

 

また、職業も多くいつでも変更できる点も楽しい点です。

職はプレイヤーが9職、ポーンが6職つくことができ、戦闘スタイルががらりと変わるので飽きにくいです。

ただし、レベルが上がるときに職業に応じたパラメーター上昇が自動で行われるため、パラメーターを自分の好きなように調整したい場合、レベルアップ時の職業に気を使う必要があるのでそこがちょっとしんどかったりします。

といいつつ、気にしない人はガシガシ気にせずあげれますが。

 

また、ポーンには知識があって、そこまでの戦闘での経験や行った地域の知識を得ていくので、ポーンを育成する楽しさもあったりします。

ただ、ポーンを貸出ししている場合、そこでの経験も得ていくので、自力で育てたい人は貸し出しができないっていうのがありますね。

 

また、他の人が作ったポーンに関してはプレイヤーと一緒に戦ってもレベルは上がらないので、状況次第ではどんなにお気に入りのポーンでも入れ替えを必要とする点も残念だったりします。

まあ、自分のポーンが完璧に気に入っていれば問題ないかもしれませんが。

カプコンのゲームだけあって、アクション性はかなり強く、また、同じ職であっても使うスキルでがらりと戦闘スタイルが変わるのが非常に楽しいです。

戦闘がかなり多く発生するゲームですが、戦闘が苦にならず、大型の敵から人型、魔物までいろいろなバリエーションの戦闘がありいろいろ試したくなります。

 

また、ポーンたちとの連携などもでき、共闘感、爽快感、緊張感がバランスよく取れている戦闘ですね。

 

ただし、空を飛ぶ系の敵の連れ去りからの空中からの投げ落としは即死の危険があるのでご注意を。

連れ去りマジ怖いです。

ストーリー内容:5/10

基本的には王道ストーリーという印象です。

 

操作のしやすさ;5/10

当時押しこそあるものの、同時押しが必要なのはいわゆる各職専用スキル関係で自由に配置できるため慣れてしまえばかなり自由に戦えるようになっています。

ただ、装備やアイテムを使用することに関しては若干不便な印象でしょうか。

音楽の良さ:5/10

通常時では効果音主体、戦闘時にBGMが流れるスタイルです。

BGM自体はあまり印象に残っていないかもしれません。

映像の良さ:6/10

キャラメイクは選択式という感じが強い物の選択肢は多くあります。

マップの描写はよくできており、戦闘演出も非常にかっこいいです!

戦闘もスキルがそろうと派手で映像面でも楽しめる作品です。

総合感想:オススメ度4

総合的にみてかなり楽しめる作品です。

オープンフィールドRPGを意識しているらしく、かなりフィールドも広いですし、戦闘やそのほかのシステムもバランスがよく、やりこみ要素もあるため飽きにくいです。

 

こまごまとした惜しい点はいくつかみられますが、オススメしやすい作品です。

ただし、広いため迷子属性の方は要注意です。

良い点まとめ

キャラメイクが楽しく、戦闘も非常に楽しい作品です。

また、味方NPCであるポーンの成長や連携も楽しくなるように作られています。

マップ自体もオープンワールドを意識しているだけあり広大で冒険の楽しみがあります。

ゆるーいオンライン環境もつながってる感がありつつも縛られすぎないのでオンラインが苦手な人でも入りやすいです。

 

悪い点まとめ

ポーンの成長度合いによってはネタバレがナチュラルに発生してしまいます。

また、ダンジョンも多いため折角のオープンワールド感が若干薄れがちな点は残念でしょうか。

特にダークアリズンで追加された要素はダンジョン関係に集約されている点も残念です。

 

総合感想(裏)

ネタバレを含みます

ドラゴンに襲われ心臓を奪われるところからすべてが始まるゲームです。

結構王道な展開が多く、気がついたらすごい人になっていた的な感じです!!

また、冒険の過程で主人公の存在やポーンの正体も言及されるなどストーリーもきちんとあります!

アクション性も楽しめストーリーも楽しめるという良いゲームですな♪

ただ、オープンワールドという割にマップ全体が超広いわけではない点は要注意です。

通販はこちらから

PS3版Amazon価格を見る PS3版楽天価格を見る
PS4版Amazon価格を見る
PS4版楽天価格を見る
Switch版Amazon価格を見る Switch版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事