クリミナルガールズINVITATION(PSVita)(PSP)感想・レビュー

ゲームソフト概要

お色気重視の仮面をかぶったストーリー重視RPG

PSVitaソフトのクリミナルガールズInvitationの感想を書きたいと思います

基本的にはPSP版の無印に+追加要素という感じなので追加要素の説明と変更点を書きながら感想を書きたいと思います

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PSP/PSVita
ジャンル RPG/美少女
メーカー 日本一ソフトウェア
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ エンカウント 戦闘方式 成長方式
2D ダンジョン特化 ランダム コマンドバトル レベルアップ+ミニゲーム

評価点数:28/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
5 8 5 4 6 28

加点ポイント(ゲ+1/ス+3/グ+1)

・個性的で一風変わった戦闘システムとキャラクターバランス(ゲーム性+1)

・キャラ一人一人の設定がやばい!(ストーリー性+3)

・キャラクターは可愛い(グラフィック+1)

減点ポイント(ゲ-1/サ-1)

・やや淡白な戦闘システム(ゲーム性-1)

・条件がそろうとボイスが音割れしてしまう場合がある(サウンド-1)

こんな人にオススメ

・キャラクター一人一人の設定が生かされているストーリーが好きな人

・一風変わった戦闘システムをやってみたい人

・キャラ同士のやり取りが細かいゲームが好きな人

・ドストレートなお色気要素が気にならない人

感想

ゲーム性

基本的に町などはなく、セーブポイントが町の役割を担っているRPG作品になります

どの町に行くなどはなく、ひたすらダンジョンを攻略していき最終ボスを目指すスタイルです

また、戦闘システムも基本的に戦闘しているキャラクターの作戦提案が表示される中で、やりたい作戦を提案している子の提案を選択することによって進む戦闘です

戦闘中にキャラの入れ替えも1ターンに1回することができ、アイテムの使用も1ターンに一回というシステム的には自由度が少ないゲームになります

 

また、ミニゲームを行うことで各キャラクターが新しい技を覚えていき、かつお色気要素の強いミニゲームで眼福といった感じのミニゲームになります

ミニゲーム内容はPSP版とPSVita版で若干内容が異なっていて、ややPSVita版の方が簡単かな?と思いました

ただ、人によってはPSPの方が楽に感じる方もいらっしゃるかもしれませぬ

 

ストーリー

このゲーム、ここまでくるとシステムが単調で公式PV通りお色気に全力を注いだゲームかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この作品の最大の魅力は各キャラクターのキャラクター性とストーリーにあるかと思います

戦闘中のキャラクターの掛け合いは連携などの場合、それぞれのキャラ同士であるだけでなく、ストーリーの進行状況に応じてかなり頻繁に内容が入れ替わり飽きさせません

また、各キャラクターの設定もしっかりしており、どうして現在の状況になっているかなども説明されるため非常に愛着が持てます

個人的にはストーリーを重視している方にはお色気要素で敬遠せずにやってみていただきたいとすら思うできです

むしろ、なぜお色気要素を前面に押してストーリーを超適当に触れているのか不思議ってやつですな

 

追加要素

基本的にPSP版のストーリーの後に選択肢によって追加ストーリーが発生して、新たな仲間が二人加わります

こちらのストーリーもぜひ見てほしい

 

総合感想:オススメ度4

公式のPVなどでお色気要素のみに力を入れている作品に見えてしまいますが、実際はかなりストーリーがしっかりしているストーリー重視のゲームです

全体的なゲームシステムこそ単純なものの、ストーリーが気になり先に進めたくなるのである意味よかったのかもしれません

ただ、戦闘中はキャラクターの提案の中から採用する提案を選ぶだけなので、緻密な戦略をーとかそういうのを求めている方は厳しいかもしれません

基本的にはいろんな方にやってほしい作品ですね

 

総合感想(裏)

ネタバレを含みます

主人公は結構序盤から罵倒されます

というかいうことを聞いてくれません

そこから徐々に打ち解けていきます

それぞれのキャラに生前に犯した罪があります

といっても、親に教祖に仕立て上げられて人をだましていたり、人間関係を壊すのを楽しすぎて壊しまくっていたりなどなどいろいろあります

また、それぞれの過去が結構ゲーム中の性格や行動原理にも合致しているため非常にストーリー的にも良い感じになっています

個人的にお色気要素(ミニゲーム)いらなかったんじゃねって大真面目に思います!

 

通販はこちらから

PSVita版Amazon価格を見る PSVita版楽天価格を見る
PSP版Amazon価格を見る PSP版楽天価格を見る

関連リンク

コミック版クリミナルガールズ感想ページ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事