クロニクルオブダンジョンメーカー2(PSP)感想・レビュー

ゲームソフト概要

ダンジョンを建設して魔物を呼び込みアイテムを手に入れろ!!

PSPソフトのクロニクルオブダンジョンメーカー2の感想を書きたいと思います

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PSP
ジャンル ACT/RPG
メーカー GAE
DL版の有無 ○(PSVita)
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ 使用キャラ 接触ダメージ ダメージタイプ
2D(グラは3D) 自分でステージ作成 固定 なし ライフ性

評価点数:24/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
5 5 4 5 5 24

加点ポイント(ゲ+1)

・オリジナルのダンジョンを作成して魔物を呼び込むというシステムは面白い(ゲーム性+1)

減点ポイント(ゲ-1/操-1)

・アクションとしてもRPGとしてもあと一押し欲しいプレイ感覚(ゲーム性-1)

・移動時など細かい調整がしにくいかも(操作性-1)

こんな人にオススメ

・建物の内装にこだわっちゃう人

・ダンジョンを作ってみたい人

感想

ゲーム性

ダンジョン建設がメインのアクションRPGタイプのゲームです

どちらかというとアクションRPG面はおまけ・・・超おまけでダンジョンを建設するためにするという認識が正しいゲームの認識になるかもしれません

アクションRPGとしてはかなーり厳しい本作ですが、ダンジョン建設はなかなか奥深く楽しめます

 

本作の目的はダンジョンを作り、そのダンジョンに住み着いたモンスターを倒して行くことになります

このダンジョン作成がなかなか細かく、ダンジョンの通路や部屋の配置の仕方や種類によって住み着くモンスターの種類や数がかなり変わります

例えば、階段から遠い複雑な通路の奥に宝箱部屋を作るとモンスターがそこに貴重なアイテムを隠したり、通路や部屋に属性が設定されている壁を使うとその属性のモンスターが出現するようになるなどかなり色々な影響がでます

倒したいモンスターをおびき寄せるようなダンジョンにするもよし、ひたすら好みに突っ走るもよしというゲームで他のゲームではできない楽しみ方ができます

 

アクションRPGとしてはかなり単調な作りであり、動きが全体的にもっさりしており、グラフィックや演出も派手ではなく、モンスターから経験値が手に入るわけではないのでそこに期待すると辛いゲームです

本作の育成要素はダンジョンから帰ってからの料理で何を食べたかという点のみになるため、戦闘は主人公育成面ではおまけになります

ただ、途中で仲間になる幻獣については戦闘での育成要素があるため、この限りではありません

幻獣は敵のモンスターに変身し、その姿ごとにレベルがあるので主人公よりは戦闘の楽しみが多いかもしれないです

それでも、戦闘が楽しいというゲームではないのが少々つらいところでしょうか

もし戦闘が楽しかったらかなりすごいゲームになりそうなだけに惜しいですね

 

総合感想:オススメ度3

がっつりアクションRPGをやりたいという方はまず楽しめない作品かと思います

戦闘の単調さやアクションなどが飽きの速さを助長してしまい、大まかな戦略しか必要ないためかなり辛いと思われます

ただ、自分の作ったダンジョンを見て回りたいという方は楽しめると思います

ダンジョンの内装パーツも豊富であり、通路の作り方ひとつで結果が変わってくるため、色々やってみたくなります

主人公育成自体はアイテムがそろうようになってくるとかなり好みに調整できるため、時間をかければパラメーターは思い通りに上げることができます

幻獣の育成もやり込み要素の一つであったりするかもしれません

良い点まとめ

ダンジョンを作りモンスターを住まわせ、それを倒していろいろなものを手に入れるという一風変わった作品です

とにかく、ダンジョンの構造で全然出てくるモンスターが違うため建設などが好きな人は楽しめるかもしれません

悪い点まとめ

色々な要素が中途半端な印象です

RPGとしてもアクションとしても単調すぎる印象です

シミュレーションとしても目新しさはありますが、繰り返し作業は結構大変かもしれません

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事