RPGツクールMV Trinity(Switch)感想・レビュー

ゲームソフト概要

久しぶりの据え置き系RPGツクール!

Switchソフト、RPGツクールMV Trinityのプレイ感想を書きたいと思います

PS4版もありますが、未プレイです

また、PC版「RPGツクールMV」も未プレイです

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード Switch/PS4
ジャンル ETC
メーカー 角川ゲームス
レア度
オススメ度
お気に入り度

評価点数:21/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
5 5 1 5 6 22

加点ポイント(グ+1)

・キャラのグラフィックを作成できる(グラフィック+1)

減点ポイント(操-4)

・初期ボタン配置が不便(操作性-1)

・各種インターフェイスが使いにくい(操作性-1)

・操作中にボタンを押してから反映されるまでにタイムラグがある場合がある(操作性-2)

こんな人にオススメ

・制作に影響がある問題が多く、現状オススメいたしかねます

RPGツクールMV Trinity

 

 

 

 

 

 

 

感想

ゲーム性:5/10

PC版のRPGツクールMVを元にしてコンシュマー用にチューニングされたツクールシリーズです

初期起動時にチュートリアルゲームもあります

PS4とSwitch初のRPGツクールでとりあえず必要なものは大方揃っている印象です

また、キャラクターの顔グラフィックと戦闘ドットと移動時ドット絵を作る機能もありフロントビューとサイドビューバトルの両方に対応しているため、雰囲気を重視する人も嬉しい仕様になっています

戦闘システム自体はコマンドバトルで、PC版にあるプラグインでの機能追加などはできないため、用意されたそのままの素材でどうにかするというタイプとなっています

キャラの立ち絵や効果音、BGMもかなりの数があり、今後DLCもあるとのことで値段と配信の仕方では自由度がさらに上がる可能性があります

ただし、全体的に制作画面周りがPC版のままなのか使いにくく、項目の切り替えもいちいちボタン押し込みが必要であったり、効果音もなく硬直が発生し操作受付しなくなるシーンがあったりなどがあるため快適とは言いにくい環境です

セーブ周りも直観的に分かるようになっていないため操作やレスポンスの悪さなどが制作の大きな足かせになっている感が非常に強いです

チュートリアルからプレイした場合は、頻繁にロードでの硬直が発生するため、制作もスムーズにできずゲームプレイももたつくためストレス要素として非常に強くなってしまっています。

チュートリアルプレイ中に制作のチュートリアルも入りますが、決められたコマンドでしか操作できず、ミスった場合などは放置して進む羽目になってしまいます

また、確かに基本は教えてくれますが、RPGツクール初心者の人が躓きやすい変数やスイッチの使い方などの説明は全くないため微妙かもしれません

ストーリー性;5/10

ストーリーは製作者さん次第です

操作性:1/10

操作そのものの覚えにくさもありますが、一部場面でのメニュー表示や画面切り替えの致命的な遅さ、インタフェイスの使いにくさがあり、制作系ゲームとしては致命的な状況になっています

メインの制作シーンでのもたつきを強く感じるため、制作に没頭しにくい印象です

サウンド:5/10

RPGを作るにおいてはある程度揃っています

ファンタジーな雰囲気の曲が多い印象です

 

グラフィック:6/10

キャラクター作成ツールのおかげでオリジナルのキャラを登場させやすいです

また、他ツクールのキャラなども一部収録されているため人によってはかなり嬉しい要素かもしれません

RPGツクールMV Trinity

 

 

 

 

 

 

 

総合感想

今後のバージョンアップで画面切り替えやメニュー表示の遅さだけでも軽減してくれたら快適にプレイしやすい作品になるのではないかと思います

また、チュートリアルもどうせ入れるのならもう少し分かりやすい方物であった方がよかったように思います

今作はサンプルゲームの収録もないため、ネットを介してツクール広場を用いて他の人が作成した作品にプレイを頼る要素が多い感じでしょうか

ただし、Switch版において11月17日現在はツクール広場が公式にオープンしていないため自分で作成したゲームか、チュートリアルしかプレイできない点は注意が必要です

良い点まとめ

キャラ作成ツールの存在と過去ツクール素材の一部が使えるのは大きな要因です

ただ、PC版についてはそもそも、自分で描いた素材や有志の方が配布などしている素材が使える点は注意が必要かもしれません

悪い点まとめ

とにかく、操作周りとインターフェイスが致命的なまでに厳しい状況です

作成にはそれなりの覚悟が必要かもしれません・・・

通販はこちらから

Switch版Amazon価格を見る Switch版楽天価格を見る
PS4版Amazon価格を見る PS4版楽天価格を見る
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事