注目キーワード

グランブルーファンタジーヴァーサス(PS4)感想・レビュー

PC

ゲームソフト概要

グランブルーファンタジーファン向け格闘ゲーム!

PS4ソフト、グランブルーファンタジーヴァーサスのプレイ感想を書きたいと思います。

元の作品のレビューはこちらから

[common_content id=”9361″]
ハード PS4/PC
ジャンル FTG
メーカー cygames
レア度
オススメ度
お気に入り度

評価点数:28/50

ゲーム性 5/10
ストーリー性 5/10
操作性の快適さ 5/10
音楽の良さ 6/10
映像の良さ 6/10
総合 28/50

加点ポイント(ゲ+1/サ+1/グ+1)

・格闘ゲームとしてもしっかりしており、原作再現ども高い(ゲーム性+1)

・よくしゃべり、にぎやかです(サウンド+1)

・アニメな雰囲気で元の絵を上手にアニメにできていると思います!(グラフィック+1)

減点ポイント

・追加DLCキャラが初期キャラに対して多めで、女主人公も有料DLCであること(ゲーム性-1)

こんな人にオススメ

・グランブルーファンタジー原作が好きで格闘ゲームに興味がある人

グランブルーファンタジー ヴァーサス

感想

ゲーム内容:5/10

アプリ系RPGであるグランブルーファンタジーを上手に格闘ゲームにしています。

格闘ゲームとしては、操作に慣れるとスムーズにコンボを決めれるタイプのゲームで爽快感重視のオーソドックスな2D格闘ゲームです。

固有のシステムらしいシステム自体はなく、しいて言うなら必殺技(アビリティ)を使うとクールタイムが発生してしばらく使えなくなることでしょうか?

操作も、コマンド入力でしたほうが有利ではあるものの、短縮入力でも出せるようになっています。

最大の弱点は初期から使えるキャラクターが11人なのに対して、有料DLCキャラが確定しているだけでも10ほどいることでしょうか。

有料DLCの中には女性主人公が入っている点も残念なポイントです。

好きなキャラクターが参戦しており、有料DLCでも払って使いたいという方や、初期で収録されているキャラで好きなキャラが使えるという方はプレイしてもいいかもしれません!

が、そうでない方はDLCにお金を払えるかを吟味してもいいかもしれないです!

シングルモードやRPGモードなど一人で遊べるモードもありますが、RPGモードもグランブルーファンタジーっぽい感じにはなっていますが、基本的には格闘ゲームなので、がっつりRPGではない点には注意が必要です。

ストーリー内容:5/10

グランブルーファンタジー風のストーリーで(当たり前ですが)原作からつながっているため、原作未プレイだとちょっと厳しいかもしれません。

ストーリーモードのつくりなどは、かなり原作を意識して作られていると思います。

操作の快適さ:5/10

原作を意識したインターフェースにはなっていますが、格闘ゲームになったからと言って不便さは特に感じません。

肝心の格闘ゲームとして遊ぶ際も、レスポンスよく動いてくれて、格闘ゲームをしたことがあるなら気持ちよくプレイ可能かと思います。

音楽の良さ:6/10

原作を知っていることが前提にはなりますが、よくしゃべってくれたり、戦闘前の掛け合いもほっこりできます。

原作ありきではありますが、原作曲やボイスなどが原作のそれなので違和感なくグランブルーファンタジーの格闘ゲームとしてプレイできます。

映像の良さ:6/10

とにかく、違和感なくきれいにスムーズによく動きます。

必殺技やモーションも、原作のSDキャラを等身大にしたらこうなるという感じにしっかりつくられています。

奥義もしっかり再現してくれています。!

総合感想:おすすめ度3

大きな悪い点は追加DLCがらみですが、そこに目をつぶれば、原作ファンならば楽しめる内容になっているかと思います。

ただ、良い点も原作ありきの良い点なので、原作未プレイだとかなり厳しいかもしれません。

プレイする人を選ぶタイプかもしれません。

良い点まとめ

原作を知っていて、好きなキャラが参戦している人にとっては楽しめる可能性が高いゲームです。

追加DLCに使いたいキャラクターがいる場合は・・・・

悪い点まとめ

もう少し初期プレイ可能キャラクターが多ければ文句がかなり少なかったと思われるだけに残念です。

※ナルメアと女主人公(ジータ)とカリオストロが好きなため、相当プレイするか悩みました!

通販はこちらから

by カエレバ
最新情報をチェックしよう!