AZITO2(PS)感想・レビュー

ゲームソフト概要

昭和のヒーローや怪人を使ってAZITO経営

今回はPSソフトのAZITO2のレビューをしたいと思います

このシリーズは簡単に言うと正義の司令官か悪の総統になって地域制圧をしていくアジト経営シミュレーションです

レビューの見方簡易版
詳しいレビューの見方はこちらから

当サイトレビューのここを理解しておけばOKという点です

ソフト概要

星の数の意味(5個が最高)
レア度

入手難易度です

DL版がある場合は星1個分減ります

星1は入手が容易(新作系はほぼここ)なものとなります

星5はオークションなどを駆使しても入手が厳しいものとなります

オススメ度

なるべく、個人的な意見を抜いたオススメ度です

星1は地雷を覚悟していただくレベルの作品です

星3はいわゆる普通の作品

星5はどんな人でもかなり楽しめる作品です

評価点数の特にゲーム性が大きく影響を与えます

ゲームによってはストーリーも影響を与えることがあります

操作性の影響も受けることがあります

お気に入り度

主観が入りまくったオススメ度です

星1は個人的に楽しめなかったゲームです

星3は普通のゲームです

星5は超オススメのゲームです

評価点数の特にゲーム性が影響を与えます

ゲームによってはストーリーの影響も受けます

オススメ度の影響も多少受けます

ゲーム内容的に人を選ぶようなゲームで個人的に楽しめた作品は高くなります

評価点数

ゲーム性、ストーリー性、操作性、サウンド、グラフィックの5項目採点式です

50点満点の採点ですが、25点になりやすいように採点しています

5項目それぞれが10点満点で何も感じなければ5点となります

良く感じれば感じただけ加点され、悪く感じるほど減点となります

グラフィックに関して同機種基準となる点も当サイト独特でしょうか

50点満点のゲームはほぼ出ない仕様となっています

ハード PS
ジャンル SLG
メーカー アステック21
DL版有無 ×
レア度
オススメ度
お気に入り度

ジャンル詳細

分類 タイプ 目的
2D 経営 各マップ攻略

評価点数:27/50

ゲーム性 ストーリー性 操作性 サウンド グラフィック 総合
7 5 4 5 5 26

加点ポイント(ゲ+2)

・経営シミュレーションとして面白い(ゲーム性+1)

・戦闘があるため、単調になりにくい(ゲーム性+1)

減点ポイント(操-1)

・後半になるほど常時ラグが発生する可能性有(操作性-1)

こんな人にオススメ

・昭和の特撮ヒーローが好きな人

・経営シミュレーションが好きな人

・敵に攻め込まれるドキドキ感が好きな人

・ゲームの中でなりきりプレイがしてみたい人

感想

ゲーム性

何よりこの作品の最大の特徴は、昭和の仮面ライダー関係やレンジャーなどなど様々な昭和系特撮作品のキャラクターが登場することにあります

基本的に各ステージでアジトを建設し、いろいろな商品を開発して資金を稼ぎ、体制を整えたら相手のアジトに攻め込んで倒すというゲームです

経営シミュレーションとしてしっかり作りこまれていることもあり、結構考えてやる必要があります

特に兵器開発や、商品開発、人材のストレス管理など様々な要素があります

また、独特のシステムとして、ちょくちょく相手のアジトから攻め込まれたりするので防衛もしないといけなかったりします

一風変わった経営シミュレーションとしてかなり楽しめるかと思います

 

ただ、全体的に管理する項目が多く、また、所属する勢力によって相手からの妨害などを受けるのでやや難易度は高いかなと思います

他の経営シミュレーションと同じように破産してもアウトですし、独自の要素としてプレイヤー自身が倒されてもダメなので結構気を使います

また、兵器の強さは最初から最後まで全く変わらない(強い兵器は強いまま、弱い兵器は弱いまま)ので後半は戦力バランスをとるのも苦労するかもしれません

しかも、強い兵器は作ったりなおすのに時間がかかるという

それをやりごたえと感じられれば気にならないかもしれません

 

総合感想:オススメ度3

昭和の特撮作品が好きな方にお勧めです

どれくらい正確かはわかりませんが作ったことがある器の図鑑的なのもあるので好きな人にはぜひ見ていただきたいです

ただ、そもそも昭和の特撮作品に興味がなかったり、経営シミュレーションが苦手な方にはかなり厳しい作品ですね

さりげなくボイス入りだったりしますので(原作ボイスではありませんが)、好きな人は好きかもしれないという要素もあったりします

 

余談ですが、さりげなくプチレア化してる時期もあったりする作品であることと、アーカイブ化が難しそうな作品だったりします・・・

良い点まとめ

昭和の特撮作品が好きな人にはたまらないキャラクターチョイスが最大の魅力です

敵の襲撃や進行もアクセントとして機能して熱中しやすい作品です

キャラクターやアイテム説明なども充実しており、コレクション魂がくすぐられるのも好ポイントです

悪い点まとめ

経営シミュレーションの宿命でもありますが、建設や開発中のリアルタイム待ち時間は多くなります

ゲーム内の時間の進み方は調整できますが、処理落ちなどが発生すると遅くなることもあります

その影響もあり、後半ステージは待ち時間や人材の不満などで難易度が高くなりがちです

総合感想(裏)

ネタバレを含みます
個人的には悪の方が好きかつ難易度が低いような気がしています

というのも正義でプレイすると必ずステージ2の悪側の妨害工作で指令室を破壊されるという現象を毎回くらっていたからなのですが・・・

これって回避できるものなんですかね?

悪側ではステージ7くらいで敵の攻撃を防衛こそできるもののじりじりと戦力を削られ、どうしようもなくなったという経験があったりします

なのでオールクリアはしていないのですが、おおむね楽しめました♪

 

序盤は気にならないのですが、後半いろいろな博士や兵器や施設が画面内に敷き詰められていくと処理落ちがかなり発生するため時間を早く進めたい場合は何もないところに画面を合わせるなどする必要があるのはちょっと気になりましたね

 

ただ、兵器説明や博士や兵器のセリフなどなどはかなりそれっぽい作りで特撮好きならかなり楽しめると思います

ちなみに、悪プレイ中心でしたが悪独特のコマンドとしてバスジャックやらダム破壊など物騒なものがいろいろあったりしますよ

通販はこちらから

Amazon価格を見る 楽天価格を見る

サイト内関連ページリンク

AZITO3のレビューへ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事