2020年度の当サイト一押しゲームソフト総括

前置き

グラン
今年も1年に1回の総括の時期がやってきました!!
毎年恒例の挨拶になってしまっていますが、いつも来ていただいている方も、はじめましての方も今年もよろしくお願いいたします!
2020年はいろんなことがあって、皆さん大変だったかとおもいますが、大丈夫でしたでしょうか?
私と管理人さんは特に影響なく過ごせていて、幸運だったのかなと思っています。
では、前置きはこれくらいにして、2019年の総括をしていきたいと思います!

2020年度アクセス数トップページは

グラン
今年のアクセス数トップは「バイオショックコレクション(PS4)感想・レビュー」でした!
おそらく、Switch版が来たことと、元々当サイトでは人気だったことの相乗効果でこの順位になったと予想しています!
実際、バイオショックコレクションは管理人さんお気に入りですからね♪
次点は、去年の覇者「NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストームTRILOGY(Switch)感想・レビュー」でした!
相変らず、安定というかなんというかという印象でコツコツアクセスを集めていた印象です。
そして、3位が「キューブクリエイターX(Switch)感想・レビュー」でした。
今回、この記事は初登場ですが、管理人さんの受けはイマイチだったのですが、当サイトでは見ていただけた印象です!
ちなみに、気が付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、今年は1~3位がレビュー記事のため、レビュー限定のアクセス数は省かせていただきます。

2020年度にプレイしたゲームソフトで印象に残ったものは

グラン
今年印象に残ったということですが、実は管理人さんがまだプレイ中でレビューしていない作品も含めると別のゲームが上がっちゃうのですが、当サイトで更新したゲームで言うなら「スパイダーマン マイルス・モラリス」が非常に印象深い作品ですね。
前作もレビューしていますが、イメージとしては前作を全体的に強化して純粋に遊びやすくした印象が強かったです。
ピーターのモデルチェンジに関しては、ピーターが作中でほとんど素顔で出ないことと出番の少なさで管理人さんは全く気にならなかったそうです。
それ以上に、前作から引き続き、移動するだけでも楽しい事や戦闘の楽しさが気になったそうです!
前作未プレイの方でもついていけそうな続編ということもあり、印象深かったとのことです!

まとめ

グラン
毎年恒例のこの記事ですが、なぜか毎年記事の顔ぶれが変わりません!
今年も読まれている記事が去年とほぼ同じという結果でした!
これがいい事か悪い事かはいまだに分かりませんが、マイペースで頑張るとのことです!
では、来年も当サイトをよろしくお願いいたします♪
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事