メダロットシリーズとは

基本システム

ティンペットというロボットの素体に頭、右手、左手、足パーツを好きなように装備させて戦わせるシリーズです

また、メダルというパーツもあり、メダルがレベルやそれぞれの行動の成功率などを管理しており同じパーツ構成でもメダルが変わるとガラッと使用感が変わるようになっています

基本的には3VS3で戦うRPG形式をとることが多いですが、他のジャンルとして出ることもあります

また、頭パーツを壊された機体は他のパーツがどんなにHPが残っていても戦闘不能になり、シリーズ共通でリーダー機が戦闘不能になると敗北というルールがあります

シリーズについて

シリーズ問わずカブトバージョンとクワガタバージョンが同時発売することが多いです

また、パーツコレクションバージョンなどが発売することもありいわゆるポケモンに近い販売形態をとっています

出てくる機体は作品によりまちまちで、登場メダルも作品によりまちまちです

1~9※1~5(GB)、6(6という表記はされていませんがDS)、7~(3DS)

基本シリーズでありRPGです

最近のシリーズではパーツコレクションは販売していませんが4まではパーツコレクションが存在しています

作品により、搭載している戦闘システムがまちまちですが、基本的にリーダー機の機能停止で敗北という点が共通しており、アクティブターンバトル形式になっています

navi(GBA)

シリーズで唯一のシミュレーションRPG形式の作品です

カブトバージョンとクワガタバージョンが販売されており、パーツコレクションは出ていません

戦闘は5VS5で行われることと、仲間になったキャラクターの機体を操作でき、自分のセットしている機体は9体持てますが複数戦闘に出す場合は1機(リーダー機)以外自動操作になります

この仕様はマンガやアニメの仕様に近いため短所にはなり得ないかもしれません

また、仲間になるキャラクターは多く、仲間になっているキャラクターの機体は自分が持っていないパーツ一式であっても使うことが可能なため使用できる機体バリエーション自体は多いです(仲間の機体は全て純正パーツセットなので特殊なことがしにくいにはしにくいですが)

G(GBA)、BRAVE(GC)、DUEL(3DS)

アクションの形態をとっているシリーズです

作品によって仕様や評判がまちまちで安定しないことが多いイメージです

ゲームの設定から相性はよさそうなのでいつか神ゲー級が出ることを切に願っているところです

R(PS)

唯一、ソニーハードで出ている作品であり、パーツコレクションもありますが、カブトバージョンとクワガタバージョンという分け方はされておらず、ソフト一つで両方の機体が手に入る珍しいシリーズです

基本的にはナンバリングシリーズと同じ仕様で2とほぼ同じシステムを採用しています

(ティンペットに名前をつけて、戦闘システムはメダフォースのみ採用)

弐CORE(GBA)

シリーズ屈指のレアゲー化している作品で2のリメイクにあたります

基本的に2に追加要素を取り入れ、パーツのバランスを調整し、戦闘アニメーションを導入し、アニメの作画に近づけるという良リメイク作品です

また、システム的には2のシステムを基本にしつつ、設定的には厳しいメダチェンジこそ採用していないものの、3や4で評価が高かったシステムを軒並み導入しており、メダロットの名前に関してもアニメや設定から違和感が出ないようティンペットに付ける方式からメダルに付ける方式に変わり、メダロットに愛着を持ちやすくなる仕様に変更されています

システム関係

作品により採用されるシステムが異なるため、登場作品は割愛させてください(やっていない作品群がちょいちょいあるため)

メダフォース

メダフォースゲージをためて、必殺技を放つシステムです

採用されることが多く、攻撃パーツが壊されても攻撃用メダフォースがあれば攻撃できるため、起死回生ができることも多くあります

メダチェンジ

純正パーツのみで組んだ一部の機体が使えるシステムです

いわゆる変形にあたり、各パーツのHPが合算され各種パーツ性能がメダチェンジ時用の物に変化します

あらゆる面で変化することが多いため、純正パーツでそろえないと使えないというデメリットを戦術の多様性で補うことができるシステムです

採用率自体は低くないですが、新シリーズでも採用されないこともあるためシリーズ次第でしょうか

メダコンボ(5)

5でのみ採用されたシステムで、各パーツにジャンケンと同じ手のコンボマークが設定されており、前に場に出た手に勝てる手を出すことで恩恵が受けれるシステムです

コンボ(7~)

使用するためにはシナリオを進める必要がありますが、使えるようになると一回の行動選択時に複数のパーツを連続で使うことができるようになるシステムです

各行動のデメリットは選んだパーツのデメリット全てを受け、且つ充電時間と放熱時間も使ったパーツにより増えるので使い方が大事になります

ちなみに、使うまでの間に選んだパーツが一つでも壊されると行動失敗になります

メダリア

シリーズによって内容が異なりますが、基本的にはメダルに様々な要素を追加するシステムです

3、4

メダルごとに上げることができる熟練度が決まっているシリーズですが、上げることができない熟練度を他のメダルで育てたメダリアを使うことにより一時的に上げることができるシステムです

上手に使うと、本来機能しないメダルとパーツの組み合わせでも活用できる可能性があるシステムです

他作品

いわゆる、特殊能力をメダルに付与することができるシステムです

様々な効果があり、コレクション要素が強くなっています

各パーツの役割について

戦闘時に頭パーツ、右腕パーツ、左腕パーツで使用するパーツを選択し、そのパーツを充電開始し充電が終わると行動・冷却し、冷却が終わると再度使用するパーツを選ぶという流れで戦闘をしていきます

超乱暴に言うとアクティブターンバトルの形式をとっています

基本的に、右・左腕パーツは使用する回数に制限はなく、頭は回数制限があります

一つのパーツにつき1つの行動が設定されており、セットされているパーツの中から状況に応じて使用するパーツを決定し戦っていきます

ただし、壊されたパーツは使用できなくなり、充電中に壊されてしまうとそのターンでの行動はできなくなります

極端な話、戦闘に参加している機体のうち攻撃パーツが全て破壊されるとメダフォースで攻撃する手段を持っていない場合、攻撃することができなくなってしまうということもあり得ます

 

また、戦闘中、メダロットは状況に応じて回避・防御をすることが可能ですが、状況次第ではできなくなる場合もあります

メダル

メダロットの脳に当たるパーツで、レベルや性格、各行動に対する熟練度を決定するパーツです

また、メダフォースの内容も基本的にメダルで決まるのでメダルが変わるだけで同じ機体でも行動の成功率にかなりの差が出てきます

頭パーツ

頭パーツのHPがなくなると、他のパーツの装甲が残っていても戦闘不能になるため重要なパーツです

また、回数制限こそあるもののパーツとして使用した場合、強力なものが多いのも特徴です

機体の顔にもなるため、好みをとるか性能をとるかは悩ましい場合があったりします

右腕パーツ

主にローリスクローリターンのパーツが多く、弱攻撃だけどデメリットが少ないまたはないパーツが主になります

全体的に行動速度が速いパーツも多く使いやすいパーツが多いです

左腕パーツ

主にハイリスクハイリターンのパーツが多く、強攻撃にあたる攻撃が多くデメリットが多々あることが多いです

その代わり威力などは高い傾向が強く、行動速度も遅くなりがちです

脚部パーツ

機体の全体的な性能を決定するパーツです

地形適正や各パーツ使用時の行動速度や回避率など様々な要素に影響を与えるパーツです

破壊されると脚部パーツの性能は大幅ダウンした状態で計算されてしまうため、かなり機体の能力が下がってしまうことが多いです

地形に合わせるか、基本性能で選ぶかは悩ましいところですね

戦闘中の基本アクション

シリーズによって微妙に内容が異なる場合がありますが、全体的な傾向としてあげておきます

基本的には1つのパーツ(脚部を除く)に1つの行動が設定されています

射撃

うつ

射撃の基本攻撃になります

主に右手が射撃パーツであった場合に設定されていることが多く、行動時にデメリットは全くありません

行動速度が速いことが多いです

ねらいうち

射撃の強攻撃的なポジションの行動になります

主に左手が射撃パーツの場合に設定されていることが多く、行動後は回避ができなくなります

行動速度はうつよりも遅い代わりに威力が高いことが多いです

格闘

なぐる

格闘の基本攻撃になります

主に右手が格闘パーツであった場合に設定されてることが多く、行動後は防御ができなくなります

行動速度は速いことが多いです

がむしゃら

格闘の強攻撃ポジションの行動になります

主に左手が格闘パーツの場合に設定されてることが多く、行動後は回避も防御もできなくなってしまうためフォローが必要になる場合が多いです

その代わり、威力は高めであり、貫通性能(通常パーツが壊れた時点で残りの本来相手に与えることができたダメージは切り捨てられますが、貫通がある場合、その分は他のパーツにダメージが入ります)を持っているパーツが圧倒的に多いです

まもる

味方を庇う行動です

色々なパーツが存在しており、中には条件に合致したものを無効かするなどといった効果があるものもあり、作戦次第では非常に重要な要素になる行動です

なおす

味方の回復などを行うパーツです

パーツによって効果が様々で、威力もまちまちです

その他

作品により表記が変わることが多いですが、味方のステータスアップや相手のステータスダウン、トラップ設置などさまざまなパーツがあります

 

その他項目思いついたら追記していきます

各種レビューページへ

メダロット2(GB)

メダロットnavi(GBA)

メダロット弐CORE(GBA)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事